2010年3月 7日 (日)

フリーター漂流

mixiでマイミクが書評していたのを参考にして買ってみました。

フリーター漂流

自分自身の雇用状態が不安定だから、読んでいるうちに段々鬱になってきた。

俺だって3年前までは正社員の身分で某企業で働いていた。

「当社は倒産しました」

取締役のその一言で俺は無職になった。

正社員だからって安心出来ない。
不本意にも非正規社員になった時、あなたは非正規社員の実態を知る。

| | コメント (1)

2009年10月29日 (木)

ジパング: 護衛艦『みらい』 が...orz

ジパング 42 (モーニングKC)

ネタバレになっちゃうけど...最新鋭のイージス艦がたった一発の砲弾でアボーン。
おまけに、コミックを読み終わった直後に見たTVニュースが“護衛艦「くらま」炎上”ってなんなの?...(=;ェ;=)
“軍艦って意外に華奢なんだなぁ” って事を漫画と実写(こっちはタマタマだけど)で知らされてしまったよ。

乗組員共々海の藻屑と消えた“みらい”
タイムスリップした挙げ句に不本意な戦闘に巻き込まれ『歴史は俺たちに何をさせようとしていたのか?』って気分じゃない?

大和轟沈に巻き込まれて海底に消えた草加・・・色々あったけど憎めない人だった。
そう言う気持ちがあるから、角松も草加の意を酌んで2度目の戦後を生きる気になったんだと思う。
コミック最終話が私の期待を裏切らない終わり方なら良いな。

【ライター:飲兵衛猫】

| | コメント (2)

2009年8月27日 (木)

届かなかったラブレター

前から読みたいと思っていたけど近くの書店になくてネットで注文しました。
涙へしょれます(´;ω;`) ←へしょる=溢れる

届かなかったラヴレター―あの空の向こう SPECIAL EDITION

届かなかったラヴレター―あの空の向こう SPECIAL EDITION

亡くなった夫や妻、そして親へ...
生きているときに言いたかったけど言えずにいた思いが文面から伝わってくる。

その中に拾ってきた捨て猫に対する思いを綴った文章があった。
拾われてきたときから治療不可能な病気を持っていた彼(オス猫)は結局、拾い主によって安楽死させられてしまいます。

「この世の中はいつの間にか人間の都合だけで動くようになってしまいました。殺した私が彼を「愛してた」って言えるでしょうか...」

愛するが故に捨て猫を安楽死させてしまった彼女の後悔の言葉が遣りきれない(ノヘ;)

【ライター:飲兵衛猫】

| | コメント (2)

2009年6月19日 (金)

Space Shuttle Operation Manual

ふらっと立ち寄った古書店で発見した本です。
『航空機』と『宇宙』が好きな俺はもちろん衝動買い。

Space

スペース・シャトル搭乗員ハンドブック (1983年)

打ち上げ時のチェックリスト・帰還時のチェックリストを初めとして、機外活動時の宇宙気密服の着用法や食事の仕方・トイレの使い方など、重力のない世界で生活する際の苦労が窺えて面白い本です。

オペレーションマニュアルですから緊急時の対処法も当然載っています。
が、購入した本にはコロンビア号が空中分解し墜落した大気圏突入後の緊急対処法は載っていません。
事故後のマニュアルではどうなっているのかが気になります。

☆ちなみにこの本、Amazonでは古本価格\17,998です(定価\2,400...(^^;)) 俺が古書店から買った値段は1,000円でお釣り来るんだけど...貴重本が相場無視した価格で売られている場合があるから古書店巡りは面白い(*'-^*)b

| | コメント (0)

2009年2月25日 (水)

医薬品の価格

暇潰しに古本屋に行くと、関係者が手放したと思われる本をタマに見つける事がある。
今日購入してきた本もそんなひとつ。
病院や医院で治療に使う楽剤の効用や副作用、ついでに薬価も載ってたのでそれについて書いてみます。

毒カレーで有名になったヒ素中毒の解毒剤は体重50kgの人に注射する場合、1回の治療で約13,000円くらいで、シアン化合物【青酸カリウムなど】の解毒剤は1回の注射で約70,000円超! Σ(゚∀゚;)

以前怪我で入院・手術した時に使った全身麻酔薬も最初の1本が約30,000円、途中で追加投与する度に約10,000円掛かっていたみたい。
手術前に「少し眠くなりリラックスしますから飲んで下さい」と渡された鎮静錠剤も1錠3,000円以上もするのね...「いったい原価はいくら?」なんて詮索するのは下衆の勘繰りだから止めておきます。

余談だけど、
自分が処方して貰ったと思われる睡眠薬をネットで販売しているのを時々見つけますが、睡眠薬なんてネットでこっそり買わずに病院にいって処方して貰ったほうが割安です。
オーソドックスなハルシオンは1錠が大体300円くらいで、保険使えば自己負担は2週間分1,200円程度で済むし薬局で売っている"睡眠改善薬"より安いのであったw
*このハルシオンの副作用項目に『眠気』と書いてあって・・・(´ヘ`;)オイオイ

| | コメント (0)

2009年1月 6日 (火)

おとなののんびり寝台列車の旅

ふらりと立ち寄った書店で見つけて購入してきた雑誌(正確には雑誌でなくてムック)です。

Shindai_book

発行:学習研究社
☆発行日は昨年11月なのに何故か学研サイトで検索しても出てこない不思議な本
(・ω・ )モニュ?

Blue_train_dvd

カシオペアとトワイライトエクスプレスを収録したDVDが付いていたので衝動買い(笑)
部屋の灯りを消し、約1時間のミッドナイトエクスプレス旅を堪能しました。
あ~こんな列車で現実でも優雅な旅行がしたいよ~(´-ω-`)

PS:
 このDVD(本自体が絶版状態なので)入手困難品みたい。
 オークションで書籍定価以上の価格で取引されていますね。
 本屋で在庫を普通に買えた私は運が良かったと言えそう。

【ライター:飲兵衛猫】

| | コメント (0)

2008年11月 3日 (月)

貧困大国ニッポン

株価は下落し円は高くなってる昨今の日本。
そんな時に出会った1冊の本がこれ。

貧困大国ニッポン―2割の日本人が年収200万円以下 (宝島社新書 273)

私自身も昨年会社が倒産して失職しました。
休職中、働いていた時には気がつかなかった色んな問題を体験しました。

  • 企業は年齢だけで採用者を決める。
  • 正社員求人なんて滅多に無い。
  • 女性だと男性より給料が少ない。
    (逆のパターンとして、女性目当ての求人だと男性でもそれに合わせて給料が低くなる)

正社員でも安い給料に甘んじざるを得ないのがいまの日本です。
私も前職よりキツイ仕事なのに手当てはめっきり減っていて収入は前年より少なくなるのは確実。
☆「文句言うんだったら県外に行けば?」ってよく言われるけれど・・・家賃が高いから自由に使えるお金って結局変わりないんだよ(´ヘ`;)

実を言うと私の今の立場は6ヶ月契約の契約社員。
だから企業が契約更新を断れば途端に無職に7となる運命。
こればっかりは本人がいくら頑張ってもどうしようもないから綱渡りの毎日です。

この本に生活保護を不正受給している方の告白が載っています。
以前だったら「イカサマするな《゚Д゚》ゴラァァァァァァァァァァァァア!!」
って思っていたけれど、
この本を読んでからは不正受給したくなる人の気持ちが分かってきました。

私に言える事・・・
年収が少ない人には日本は“後進国”です!
贅沢は言わない。
だけど・・・・「ここのスーパー○○が10円安い!」なんて一喜一憂しなくてもゆとりある生活をマジに送りたいです。

【ライター:飲兵衛猫】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

返還前の香港描写

秘伝 香港街歩き術

仕事で数ヶ月(近くの街に)」滞在していた頃の香港って本当にこんな感じの場所でしたね。
黙って一人で歩いていると観光客に地元の人と間違えられて度々道を尋ねられました(笑)

この本を読んでいて日本では味わえない体験の日々を思い出しています。
ずっと居ても飽きない街だったよ香港は。
読んでいたら返還後の香港に行ってみたくなった。

☆今となってはこの本、ちょっと情報が古いかもね....(´ヘ`;)

| | コメント (0)

2008年7月 6日 (日)

沢木耕太郎【深夜特急】

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

何年も前に買った本をいま再読しています。
買った当時はまだ見ぬ異国への憧れで読んでいたけれど今は違う。
この本を今読む理由は言ってみれば現実逃避かな?
いまの日本に居ると何もかもが腹立たしく、全てを忘れて違った世界に飛び込みたくなってくる。
もちろん現実にそんな事は出来ないから、本を読んで気持ちだけを日本から脱出(させた気になる)。

『夢を失った時に人は老いる』

誰が言ったか忘れたけれど良い言葉だと思う。
今の日本でこのまま朽ち果てたくないって気持ちだけはあります。
私が今一番行きたい所は“ワハーン”
でも・・・アフガニスタンはご存知のように政情不安な土地だから夢が現実になる可能性は極端に低いです。
だけど、夢を持つ事は悪くない事だよね? いつかは・・・と思ってる。
適わぬ夢でも持っていれば何時か良い事あるかも。
・・・・って全然本の書評になっていないね(爆)

沢木さんが旅した当時と今とでは状況が変わっているけれど(マカオは埋め立てで地形そのものが変わっているね。変わらないのはアフガニフタンが当時も今も危険地帯だって事)在り来たりの旅には満足出来ないバックパッカー達には今でもやっぱりバイブルなのかも知れません。
この本、読んで損しない事だけは保障します。
☆ちなみに全6巻の文庫本だけれど薄い本だからその気になれば1週間で全巻読めると思う♪

【ライター:飲兵衛猫】

| | コメント (1)

2007年1月28日 (日)

ヴァギナ 女性器の文化史

ヴァギナ 女性器の文化史

本屋で購入するにはちょっと躊躇するような題名の本ですが、中身は極めて真面目で低俗なエロ本ではありません。
「自分が持つ女性自身を知りたい。」そんな思いで購入してみました。

女性科学ジャーナリストである著者が女性器にまつわる神話・美術・文学・生物学・医学各分野の知識を総合的に収集して、ヴァギナの実像を400ページにわたって語ったのがこの本です。

続きを読む "ヴァギナ 女性器の文化史"

| | コメント (0)

2006年10月12日 (木)

世界一強い女

最近購入した本の紹介です。

『世界一強い女』

  • 「本の虫」の女子大生が運動不足解消に始めたカラテとの出会い、格闘技の面白さ、強くなることの歓び、やがて「世界一強くなる」という夢に向かっての稽古の日々、悲願の世界制覇までを達意な文章で綴ったスポーツノンフィクション。

私も極真空手をやっているから、読みながら「(*’ー’)(,,*)(*‘∇‘)(,,*)うんうん」。
文章も硬いものではないし、所々にギャグまで入っています。
気楽に読めますので、「極真空手ってどんな世界?」と思っている方も是非読んでみて下さい。

それにしても、身長157㎝と小柄な体なのに女子の世界チャンピオンになったのって凄いと思うよ。

【ライター: 飲兵衛猫】


世界一強い女。
世界一強い女。
posted with amazlet on 06.10.12
江口 美幸
ラピュータ
売り上げランキング: 173,378

| | コメント (0)

2006年9月10日 (日)

白夜行

私が読んだ東野圭吾さんの『白夜行』の紹介です。

原作を読む前にドラマを先に見てしまった人は失敗したね。
原作にはドラマのような雪穂と亮司の心理描写はない。

質屋殺しの事件の真相は?
二人は何故お互いに助け合うような関係になったのか?
そして二人は何を思って生きるのか?

この作品は、ふたりの心理描写を一切書かず、読者が想像することでこの物語の悲しさが引き立つのだと私は思います。
ドラマ版『白夜行』は原作を読んだ後に見る事をお薦めします。
幸いにして私はドラマを見る前に原作を読んだので、二人の心理想像をたっぷり堪能する事が出来ました。初めに結論が出ていたらここまで楽しむ事は出来なかったろうね。

【ライター: 飲兵衛猫】

白夜行
白夜行
posted with amazlet on 06.09.10
東野 圭吾
集英社 (2002/05)
売り上げランキング: 8,253

| | コメント (2)

2006年3月 7日 (火)

兵士を追え

ルポライター・杉山隆男の「兵士シリーズ」第3作目の本です。
昨今、なにかと話題になっている海上自衛隊に焦点を当てています。

潜水艦の訓練航海同乗レポート、そこで語られる隊員たちの生の声。
「長期航海が終わって帰港したら彼女が別の男と逃げていた(´;ω;`)」など、笑えない話も書かれていて面白いです。

『海上警備行動』が発令されて、日本海を逃走する不審船に爆弾を投下する哨戒機。不審船から攻撃される恐れもある緊迫したシーンが続く。

潜水艦と哨戒機、互いの意地を掛けた対潜哨戒訓練。
勝つのはどちらか?

兵士を追え
兵士を追え
posted with amazlet on 06.03.07
杉山 隆男
小学館 (2005/07)
売り上げランキング: 3,829

---------- 第1作目 ----------

兵士に聞け
兵士に聞け
posted with amazlet on 06.03.07
杉山 隆男
新潮社 (1998/07)
売り上げランキング: 41,003

---------- 第2作目 ----------

兵士を見よ
兵士を見よ
posted with amazlet on 06.03.07
杉山 隆男
新潮社 (2001/02)
売り上げランキング: 9,894

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

悪意

ある有名作家が殺され、警察の捜査で犯人は直ぐに逮捕される。
後は殺害の動機を解明するだけだが、容疑者は頑として動機を白状しない。
執念の捜査でようやく動機が判明したのだが、その動機とは?

犯人は最初から判っていて、この本の本筋は容疑者逮捕後の動機解明。
私も読みながら「動機はこれだろう。」と予想した事が二転三転、ことごとくひっくり返されました。最後まで読まないと動機が分からないです。
その動機もハッキリ言って「こんな動機ありかよ?」という意表を突くものでした。

ネッ友に薦められて読んでみた本ですが意外な結末はツボに嵌まりました。
東野圭吾ミステリーここに在りって感じの作品です。


悪意
悪意
posted with amazlet on 06.02.09
東野 圭吾
講談社 (2001/01)
売り上げランキング: 4,573

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

雷撃深度一九・五

最近読んだ本の紹介です。

 1945年7月29日、日本海軍の伊号58潜水艦はグアム島-レイテ島間の海域でアメリカの重巡洋艦インディアナポリスを撃沈する。
これは太平洋戦争における艦艇同士の最後の戦闘であり、日本海軍における最後の大型艦撃沈記録となった海戦でした。

紹介する本はこの海戦をベースにして執筆されたもので、内容の半分は歴史的事実であり、残り半分は推測・虚構の作品です。どこが事実で、どこが虚構の話なのか推測しながら読むと楽しいですよ。
なお、アメリカ側の登場人物は全て実名、日本側の登場人物は全て仮名です。

レイテ島まである重要な荷物運搬を頼まれたインディアナポリスと、「フィリピン沖を通過する敵艦船を撃沈せよ!」との特命を受けて呉軍港から出港した伊号58潜水艦。
出港時点では目標艦がインディアナポリスであるとは伊号58潜水艦には知るよしもない。

広い海域でどうやってインディアナポリスが目標艦である事を見分けるのか?
また、インディアナポリスや艦載機からの度重なる雷撃でボロボロになった伊号58潜水艦の採った起死回生の策とは?
両艦の駆け引きの行方が気になって時間を忘れて最後まで一気に読んでしまいました。

雷撃深度一九・五
雷撃深度一九・五
posted with amazlet on 06.01.29
池上 司
文藝春秋 (2001/01)
売り上げランキング: 61,871

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月31日 (月)

自衛隊ユニフォームと装備100!

最近書店で見掛けて購入してきたミリタリー本の御紹介です。

普通、自衛隊の装備紹介本というと大抵は武器・兵器にスポットを当てたものが多いのですが、この本は自衛隊の“ユニフォーム(制服)”&“個人装備品”について取り上げています。
筆者は自衛隊で需品業務担当だった元自衛官です。

制服の歴史から始まって現行の91式制服まで男女の制服を紹介しています。91式制服が今の色になったのは「特別儀仗隊の制服が濃緑色で格好が良かった為」などと言う理由は現場の人間しか分からないですね(それまでの70式制服は茶灰色で、ハッキリ言って「オッサン色」だった)

当然、階級章や徽章・野戦装備などのページもあります。
個人で使う装備は殆ど網羅(女子の官製下着から男子も使う裁縫セットまで・・(笑))してますし、実際に使っている現場から見た利点・欠点も書かれていますので違った意味での自衛隊通になれますね。
軍隊の制服を収集している私にとっては大変参考になる本でした。(*^-^*)

4769812442

自衛隊ユニフォームと装備100!

| | コメント (0) | トラックバック (0)