2010年9月18日 (土)

はやぶさカプセル特別展示に行ってきました

*パソコンのHDDが10日ほど前にご臨終になったので今頃の記事アップです...(;^_^A アセアセ・・・

9月11日に宮城県角田市のJAXA角田宇宙センターに行ってきました。
朝7時頃に自宅を出て臨時駐車場の船岡城址駐車場に着いたのは9時頃。
そこから無料のシャトルバスで会場の角田宇宙センターに向かいます。
*約10分くらいでセンター到着

Kakuda_center_s

会場には既に100メートル以上の列が出来ていました。
何時間待ちになるか分からないので先に生理現象処理を...(笑)
展示場出口になる研究交流棟の前に記念撮影用のパネルが置いてあったのでパシャ!Hayabusa_kanban_s

見学の列に並んでいたらstaffがパンフレットと団扇を配っていたよ。
暑い時にはこういうアイテム嬉しいですね(=´∇`=)100912000614

並んだ時は約100メートルほどの列だったのに、気がついたら後ろにこんなに人が...Hayabusa_retu1_s

間もなく展示室のある管理棟です(と言っても入り口手前でも列が蛇行しているので残り50メートルはありますけどw)Hayabusa_retu2_s

一歩入り口を入ったら撮影禁止ですので撮影はここまで。
中に入っても蛇行しているのでw入り口から展示室まで更に50メートル(^^;)
見終わって外に出たのは列に並び始めて1時間半後でした。

お腹が空いたので持参したお弁当と売店で買ったお茶で昼食です。
芝生に腰を下ろしてまったり気分に浸っていたら、「ソフトクリーム間もなく完売です」の声に衝動買い。2本も食べてしまいました(爆)

午後からは東側にある宇宙開発展示室にシャトルバスで向かいます。

続きを読む "はやぶさカプセル特別展示に行ってきました"

| | コメント (3)

2008年9月11日 (木)

航空自衛隊受難の日

空自F4戦闘機パンク=空港一時閉鎖、けが人なし-那覇

 11日午後0時50分ごろ、航空自衛隊のF4戦闘機が那覇空港に着陸した際、滑走路上で左主脚のタイヤがパンクした。

ちょっとビックリはしましたけれど、これだけだったら「あらら、また民間人に迷惑掛けちゃったよ(´ヘ`;)」で済んだのですが...夕方になってもっと強烈な事故が起きてしまいましたorz

空自F15、洋上に墜落=操縦士は脱出、けが人なし-山口沖

 11日午後4時20分ごろ、山口県見島沖の南西約30キロの日本海上に、航空自衛隊のF15J戦闘機1機が墜落した。

回収された垂直尾翼の“天狗”がもの悲しい。゚(゚´Д`゚)゚。
エンジン2発停止って燃料系なのかな?
原因が判るまでまた飛行自粛するんだろうな...
総火演・松島・三沢と3週連続で雨に祟られ、今度は事故で飛行自粛の可能性大。
ミリタリー航空ファンにとって今年は厄年みたいです。

航空自衛隊もう一つの受難は

林防衛相、士気高揚のため?バンドで熱唱

直前にF15が墜落しているのに脳天気というかなんというか・・・
林さんは危機感が欠如しているんじゃないの?
上がアホだと現場は疲れますよ。
石破氏が総理になれなかった時は、もう一度『防衛大臣:石破』で頼む。

“増田好平防衛事務次官、齋藤隆統合幕僚長ら防衛省幹部、職員らが、神妙な表情で聞き入った”

呆れて ( ゚Д゚)ポカーン だったんです。たぶん...

| | コメント (0)

2008年4月12日 (土)

逆転有罪【日航機ニアミス事故】

日航機ニアミス事故の控訴審、管制官2人に逆転有罪判決

 無罪とした1審・東京地裁判決を破棄し、籾井被告に禁固1年6月、執行猶予3年(求刑・禁固1年6月)、蜂谷被告に禁固1年、執行猶予3年(求刑・禁固1年)の逆転有罪判決を言い渡した。

1審判決が出たのは2年前の3月。
私はその時、このブログにこう書いています。
『機長は不起訴処分、管制官は無罪って・・・それじゃ事故の責任は何処に行くのでしょう?』と・・・。【参照:日航機ニアミス、無罪判決

1審判決は、「907便の機長が衝突防止装置(TCAS)に従わずに降下した事」を事故原因の一つとして両管制官に無罪判決を出しました。
しかし、機械よりも人間である管制官の指示に従った907便パイロットの判断は間違っていなかったと私は思っています。
管制指示を無視して勝手な行動をすれば叩かれるのはパイロット側ですよね?
だからこそ管制官には適切な指示を出す事が要求されます。
管制官が、本来は958便に出すべき降下指示を“間違って”907便に出さなければニアミスは防げたのではなかったのか?
という思いで2年前に書いたのが【日航機ニアミス、無罪判決】です。

管制官を有罪とした今回の2審判決を私は支持します。
管制指示を間違えた事は争いようの無い既成事実です。
それなのに何の罪も無いなんて有り得ませんから2審判決は常識ある判決だと思っています。

掲示板や他のサイトで「なぜ管制官ばかりに罪を負わせる? 間違えは誰だって有る。」と書いてある意見も読みました。
人命にかかわらない軽微な事ならそれでも良いかもしれません。
しかし、2機の航空機が衝突した時に失われる命の多さは他の事故とは比べ物にならないですよね?
「間違えました」で済む事故と済まない事故が有るという事を認識して頂きたい。

| | コメント (0)

2007年10月31日 (水)

F2離陸失敗・炎上( ̄o ̄;)

F2戦闘機 離陸失敗、炎上し2人重軽傷

 31日午前9時13分ごろ、愛知県豊山町の県営名古屋空港で、航空自衛隊のF2支援戦闘機が離陸に失敗、滑走路を外れて停止し、炎上した。戦闘機には製造元の三菱重工業社員、永田恵嗣機長(52)と水島光男副操縦士(56)が搭乗していたが、2人とも脱出し、永田機長は重傷、水島副操縦士は軽傷。

F2の墜落は初かも?
「タイヤバースト」だの「離陸推力不足」だの推測原因が飛び交っています。
でも~元全日空のパイロットさん、映像を見た限りではタイヤバーストではなさそうですが・・・知った振りの適当なコメントはやめてくれ!(´(・)`)
パイロットが民間企業の社員だから事故調査は国土交通省の事故調が担当しそう。
今後の事も有るので事故調査はチャンとやって欲しいと思います。

☆自衛隊機が落ちると叩きまくるテレ朝。
 「住宅街に落ちたら大変な事になりますよ。」って・・・狭山市で陸自ヘリが墜落した時だって住宅街に落とさないように河川敷に持って行った努力を認めないで、送電線を切った事だけ詰って搭乗員の安否には無関心だった糞メディア。

F2_misawa
写真は三沢基地で撮影したF2支援戦闘機(今回の事故機ではありません)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

老兵は死なず・・・なんて言ってる場合じゃないな

F22導入難航 旧型F4使用延長 防衛省検討 情報漏洩が影響

 政府が次期主力戦闘機(FX)選定で本命視している米国の最新鋭ステルス機「F22Aラプター」の導入をめぐり、日米間の交渉が難航している問題を受けて、防衛省・自衛隊は数年後に切り替えを迎える予定のF4について、耐用年数を延長する方向で検討に入った。

航空自衛隊にF-4EJが配備されて30年以上、延命処置のF-4EJ改になってから20年以上経ち、米軍では既に全機退役の古い機体をまだ使う気なの?
まさしく亡霊(ファントム)だな(笑)
ベトナム戦ですら旧型ミグに苦戦していたF-4が現在のロシア製ミグに勝てますか?

交渉が難航している事のそもそもの原因は海自のイージス艦機密情報漏洩事件ですね。
同盟国が信頼出来なくなったアメリカとしては当然の対応だと思いますよ。
防衛機密をチャンコロに渡すような国防意識の無いアホな自衛官はまさしく売国奴。
本当の軍隊なら銃殺刑です(それでもアメリカの不信感は拭えないけれど)。

 防衛省では、F4に代わるFXについて、選定対象を6機種に絞り込み、調査に入っている。

まさか候補の中にミグやスホーイは無いよね?(爆)
☆アグレッサー(飛行教導隊)で仮想敵国機として導入しようとしてアメリカにクレーム付けられた前歴は有る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

アエロスパシアル AS332Lかな?

Yone_heri1

米沢ヘリポートに今朝駐機されていました。
目的は謎です(・ω・ )モニュ?

| | コメント (0)

2007年6月 9日 (土)

ハイテクに航空会社が苦慮 【キッズケータイ】

子供を守るための配慮が思わぬ落とし穴に・・・。

子ども携帯、電源切っても再起動…航空会社が対策に躍起

 子供用携帯電話や携帯ゲーム機など、飛行機内に最新の電子機器を持ち込む子供たちに、航空各社が頭を悩ませている。

不覚にもキッズケータイが自動で電源が入るとは知りませんでした。
私が誘拐犯だったらこれで足がついてお縄だったかも・・・(笑)
なんて冗談言っている場合じゃないですね(^_^;)

対策としては、勝手に電源の入るキッズケータイは航空機搭乗前にバッテリーを外すか電波を遮断するようにシールドされた入れ物に入れるとかしないと駄目なんじゃないのかな?
などという事を考えながらキッズケータイ(SA800i)の仕様を見ていたら

  • 防犯ブザー作動中などの電池パック抜き取りを防ぐため、専用の特殊ネジで電池パックが固定されている
  • 暗証番号の入力なしでは完全に電源を切ることが出来ない。

だそうです。
どうする航空会社・・・・今後の対応に注目です。
☆ちなみに、専用工具と言われるトルクスねじ回しは町の工具屋で普通に売ってます。
無線機などにも使われていて全然特殊なネジじゃないんですけど・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

全盲の冒険家、超軽量小型機で地球半周

全盲の英冒険家、超軽量小型機で地球半周を達成

 超軽量小型機でロンドンを出発した目の不自由な英国人冒険家が30日、最終目的地のシドニー西部の空港に到着した。支援者らによると、飛行距離は地球半周に匹敵する延べ約2万1000キロに上り、目の不自由な人の操縦による飛行距離としては世界最長という。

日本では全盲のフライヤーはたとえライトプレーンでも飛行出来ないんじゃないかな? と思って調べてみました。

【超軽量動力機等操縦者健康診断判定基準】から抜粋。

  • 遠距離視力は一眼でそれぞれ0.3以上かつ両目で0.7以上(矯正視力を含む、以上同じ。)であること。また、一眼の視力が0.3未満の者もしくは一眼が見えない者は、他眼の視野の左右の和が150度以上で、視力は両眼で0.7以上あること。ただし、矯正によって上記基準を満たすものは、矯正眼鏡(コンタクトレンズを含む。)の使用を条件とする。

つまり、日本国内ではやはり全盲のフライヤーは飛べないみたい・・・。
他国に比べてなんとも閉鎖的な日本の空です。
というより、全盲でも飛べる他国が進んでいるのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金)

事故の当事者がこんな事言うのか?

「安全性、失格でない」=ボンバル機批判に反論-使用は継続・全日空社長

 全日空のボンバルディアDHC8-400型機が胴体着陸した事故で、同社の山元峯生社長は22日の定例会見で「安全性において失格であるとの判断には至っていない」と述べ、利用者を中心としたボンバル機批判に反論した。独自の「特別点検」を対策として打ち出す一方、現時点での機種変更の可能性を否定した。

そこまで言うなら誰か死ぬまでずっと使ってろ!
今回の事故はクルーに責任が無いって判断から言ってんだろうけど、時々脚が出なくなる航空機が安全って言えるのか!
自社のパイロットからも不満の声が出ている事をどう考えているんだろう?

全日空系機長 「全体的にいい機でない」

―信頼性に問題は。
 全体的にいい機ではない、という感想は持っている。しかし、カナダ、日本両政府が認めた航空機。われわれは運航するしかない。

不安の中で操縦するパイロットの意見を聞けないような会社はもうヽ(τωヽ)ノ モウダメポ

| | コメント (0)

2007年3月18日 (日)

安全だって言い切るボンバル社にムカー!

胴体着陸、前輪ドア開閉装置の金属製管を回収…事故調

 事故調は、現地での調査をいったん終え、調査官は15日午前に帰京。回収したブッシングを国交省に持ち帰り、内側を詳しく調べ、ボルトを取り付けた痕跡の有無などを分析する。

もしもボルトを取り付けた痕跡が無かったら・・・ボンバルディアの10割過失になるのか?
それとも点検しない航空会社も責任を問われるのか?

この点について別のニュースにこういう記載がありますね。
         ↓

<全日空機胴体着陸>前脚部分の点検間隔10分の1へ

 国交省によると、事故同型機のボルト部分は毎飛行ごとなどの通常点検の対象ではなく、4000飛行時間に1回の大規模点検の対象だった。全日空は、事故機の飛行時間が2966時間だったため、点検をしていなかった。同機種は5000時間に1回だった。
現状の点検期間は機体製造国のカナダ側で決めていた。

これを読む限り全日空には事故の責任は無いとも判断出来ますね。
捜査機関はどう判断するのか注目です。

続きを読む "安全だって言い切るボンバル社にムカー!"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月13日 (火)

全日空機、前脚出ずに胴体着陸

Dhc8_20070313

昼のニュースで知ってビックリしました。
TVに映っているDHC8を見て「ヤッパリやったか・・・・(>o<")」

<全日空機>前輪が下りないまま着陸 高知空港

 13日午前8時10分に大阪(伊丹)空港を離陸し、高知空港(愛称・高知龍馬空港)に向かった全日空1603便(乗客56人、乗員4人、ボンバルディアDHC8―Q400型)が、同空港上空で車輪がある前脚を出せなくなった。同機は空港上空で数十回にわたり旋回し、車輪が出ないまま、二つある後輪だけで同10時54分に胴体着陸した。

地上高の低い機体だから機首がそんなに斜めにならずに胴体着陸出来たみたいですね。けが人が出なかったのは不幸中の幸いでした。

「日航事故、脳裏よぎった」=乗客ら緊張の2時間-ボンバルディア胴体着陸・高知

 「日航機墜落事故が脳裏をよぎった」「腹をくくらねば」-。13日午前、前輪が出ないまま高知空港に胴体着陸した全日空のボンバルディア機。着陸予定時間から約2時間、乗客56人は緊張を強いられた。

 京都市の会社員門前要佑さん(25)は、1985年の日航ジャンボ機墜落事故が頭をよぎったという。「あの事故で知人を失っており、急旋回した時は怖かった」と振り返る。

飛行中の機体制御は出来ていたのだから日航123便と比べるのは無理でしょう。
それに・・・3歳の時の知人って? ずいぶん老けた子供やな・・・(* ̄m ̄)プッ

全日空機胴体着陸 ボンバルディア社「DHC8」系統 17年で不具合44件

 前輪が出ないため胴体着陸したプロペラ旅客機「ボンバルディアDHC8」のトラブルは頻発している。国土交通省によると、運航に影響した同機のトラブルは平成17年だけで44件発生。このうち今回、胴体着陸したDHC8-Q400は26件と多発している。

これが頭に有ったからTVを見て「とうとうやったか・・・」と思ったわけです。
今回の事故は機体トラブルですから仕方がないと言えば仕方がないと言えます。
どんな機械でも壊れるときは壊れます。
ただ・・・過去のトラブルの原因究明と対策を徹底してやらなかった航空機メーカーには責任があると思う。
メーカーには『大事の前の小事を甘く見ると大変な事になる』という教訓にして貰いたいです。

全日空サイトに今回の事故についてお詫びが出ています。
            ↓
ANA1603便(伊丹発高知行き)の緊急着陸について

“何故前脚が出なかったのか?”
徹底した原因究明と対策を講じて貰いたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月11日 (日)

羽田空港・新滑走路&新管制システム

昨日、羽田空港に関するニュースが2件ありました。

羽田空港4本目の滑走路、国交省が3月下旬着工へ

 東京・羽田空港の4本目の滑走路(長さ2500メートル)について、国土交通省は、今月下旬に着工する方針を固めた。

 埋め立て工事を伴うため、千葉県内の関係漁協との漁業補償交渉が難航していたが、ようやくほとんどの漁協との間で合意の見通しがつき、着工の環境はほぼ整ったと判断。残る一部漁協の対応を見極めた上で、近く正式に表明する。

これにより、「年間発着能力」は28.5万回から40.7万回まで引き上げられ、国内線については発着枠の増加により現在より飛行機の小型化、多路線化や多頻度化が可能となるはずですが・・・法制上、平行でない滑走路の場合は効率的な離発着許可の発出が出来なくなる上に、D滑走路から北東向きに離陸する機とC滑走路へ北西向きに着陸する機との干渉も問題視されており、思い通りの発着能力が発揮出来るのかは疑問として残りますね。

羽田に新管制システム 便名・位置正確に 滑走路新設で

 羽田空港に09年末の供用開始を目標にして4本目の滑走路が新設されるのに伴い、国土交通省は、空港内を移動する航空機の位置や便名を航空管制官が正確につかみ、ミスを防ぐ新システムを整備する。発着能力が現在の約1.4倍の年間約40.7万回に増え、管制官が処理する航空機も増えるのに対応するためだ。

新しく作られるD滑走路は現在の管制塔からかなり離れており(約4km)、現在の管制塔から管制官が目視でD滑走路上の機体を確認する事が出来ません。
そこで新たに現在の管制塔の南東側に、世界で3番目の高さとなる116mの新管制塔を建設する事が決定されました。
これにより、現在の管制塔は供用開始からわずか10数年で廃止される事になるが、発着能力増大に伴いグランドコントロールだけでは対処飽和になる可能性が出てくる事から、既存の管制塔の有効利用としてグランドコントロールとは別にエプロン地区のみを管制する「ランプ・コントロール」導入が考えられれているみたいです。

Haneda_d_rwy

【D滑走路の工事設計書から抜粋】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

試してガッテン!【誘導路着陸編】ってか?

秋田空港で大韓航空機が誤って誘導路に着陸したというお粗末なニュース。

大韓航空機が誘導路に着陸=滑走路と誤認?けが人なし

 6日午後零時15分ごろ、秋田市雄和椿川の秋田空港で、韓国・仁川発の大韓航空769便ボーイング737-900型機(乗客・乗員計133人)が着陸する際、滑走路横の平行誘導路に誤って下りた。

ILS着陸ではなく目視によるビジュアルアプローチだそうだが、倍も幅が違う滑走路と誘導路を普通は間違えないだろう・・・・?
それに、滑走路には進入角を見るためにPAPIが設置してあるが、誘導路にはそんなものは無い。
パイロットは何を基準にしてアプローチしていたんでしょう?
ゴーアラウンドもしないで着陸しているから最後まで滑走路だと思っていたみたいね(^_^;)

平行滑走路に誤って着陸する事故は過去に有ったが、誘導路ってのは前代未聞です。
強度は滑走路と同じではあるが幅が狭いので着陸速度で走ったらちょっとミスれば脱輪します。

【閑話休題】
TVで送迎デッキから撮ったと思われる着陸シーンの映像が流れていましたので、今回の事故で臨時収入があった人が居ると思われる(笑)
こういうシーンって撮ったらいくら貰えるんだろう?

Akita_airport 秋田空港の空撮写真。
大韓航空機は誘導路を左上から右下に走った。
*この写真は今回の事故とは関係無いものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

イラク多国籍軍や空自データ流出

自衛隊がまたやってくれました・・・・・ウィニーによる情報漏れ(ーー;)

<米軍資料>流出 空自隊員PCから ウィニーで

 イラク戦争を主導する米中央軍の司令部がイラクやクウェートの基地にある空輸予定物資の数量を多国籍軍に伝えた資料や、航空自衛隊那覇基地でのゲリラ侵入訓練の資料がインターネット上に流出していることが分かった。

私物パソコンの業務使用は制限したんじゃなかったのか?
「喉元過ぎれば熱さ忘れる」じゃ済まないんだよね。
多国籍軍に対する自衛隊の信用問題にもなるんだよo(`ω´*)o

防衛庁は規則違反に該当するとみて、「厳正に処分する」としている。

当たり前田のクラッカーです。
処分するだけではなく、今後の再発防止対策もちゃんと説明していただきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月 7日 (火)

AH-1Sコブラ墜落!

陸自対戦車ヘリが墜落、乗員2人重軽傷

 6日午後3時30分ごろ、千葉県鴨川市の山中に、訓練飛行中だった陸上自衛隊木更津駐屯地第4対戦車ヘリコプター隊(千葉県木更津市)所属のヘリコプターAH―1S機(2人乗り)が墜落、横転した。

またコブラが墜落してしまった・・・(´;ω;`)
今年は陸自ヘリの事故が多いよ。
当然の様に飛行自粛の通達が出されました。
         ↓
同型機の飛行自粛=対戦車ヘリ事故で陸自

この分だと来年年頭の観閲式にも出れないかも・・・(´TωT`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

関西国際空港2期工事

仕事が忙しくて記事投稿を猫ちゃんにまかせっきりだったね(^_^;)
暫くぶりに航空ネタで書いてみたいと思います。
前回航空関連で書いたのは・・・・・7月27日って...古すぎ!orz

関空第2滑走路 ほぼ完成

 来年8月の供用開始まであと300日をきった関西国際空港の第2滑走路で12日、航空機の離着陸の目印となる中心線標識のライン引きが行われた。

来年8月2日に第2滑走路供用開始。
滑走路のラインって上空から見るとそんなに大きく見えないけれど、地上で見ると結構幅広いんだよね。完成したら見に行こうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

対艦ミサイル性能試験騒動【小松沖】

<対艦ミサイル>性能確認試験を実施 防衛庁が小松沖で

 防衛庁によると、25日午後3時から午後4時に小松沖約130キロの訓練空域内で、航空自衛隊の戦闘機が搭載する対艦ミサイルの性能を確認するため、ミサイルが相手の赤外線を探知する試験を実施。

通常であれば何事もなく終わるはずだった試験がとんでもない騒ぎになってしまいました。

ミサイル試験で漁船避難 海面に5本の「水柱」

 兵庫県の井戸敏三知事は26日、防衛庁が25日に兵庫県沖の日本海で十分な事前通知をせずにミサイル性能試験を行い、訓練海域にいた地元漁船が恐怖を感じて現場から緊急避難したとして、防衛庁と水産庁に抗議した。

艦船から対ミサイル用に発射されたフレアをミサイルと勘違いしたみたいです。
しかし・・・・フレアで水柱上がりますか?
過去の映像を見ても海面に着水したフレアって、ただ煙を出しているだけなんですけどね。

困惑広がる防衛庁 通知義務なく「問題ない」

 日本海での航空自衛隊の性能試験について兵庫県などから26日、「事前通知を受けていない」と抗議を受けた防衛庁に困惑が広がっている。ミサイルなどを発射しない試験は自治体などに事前通知する法的義務はなく、問題はないとしている。

ところが、防衛庁に抗議した兵庫県に大チョンボが有りました。
抗議元が自分の足元に火をつけてどうする?(笑)

兵庫県が訓練情報を放置 ミサイル試験問題

 防衛庁による香美町沖のミサイル性能確認試験で漁船が緊急避難した問題で、兵庫県が六月末に水産庁を通じて寄せられた防衛庁の射撃訓練情報を地元漁協などに流さず、放置していたことが二十七日、分かった。県は試験の事前情報の提供がなかったなどとして同庁に抗議していたが、県の情報管理のあり方も問われそうだ。

情報はちゃんと兵庫県に届いてるんじゃないかよ・・・・マヌケ(゚m゚*)プッ

防衛庁としても、ここまで大騒ぎになると知らん振り出来ないので取り合えず(?)調査報告書を出しましたね。

フレア発射、事前通報対象外=ミサイル発射騒ぎで防衛庁

 兵庫県香美町沖の航空自衛隊のミサイル性能試験で、漁船が緊急避難した騒ぎを受け、防衛庁は27日、調査結果をまとめた。

今回の騒ぎは漁船が勝手に勘違いしただけだろ。
過去にも同じ訓練やってるのになんで今回だけ騒ぐのよ? 分からんな(・ω・ )モニュ?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

乗務員組合が陸自の民間機利用に抗議!

<イラク陸自>民間機利用で抗議…乗務員組合が防衛庁に

搭乗した自衛隊員が死ぬとマズイので、攻撃されなくても落ちる危険性のある日航チャーター便利用は止めましょう・・・・(^_^;)

*ブラックユーモアです。でも本心だったりする(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

薬物飲んで空を飛ぶ馬鹿

久し振りの航空ネタはやはりこの会社の不祥事で決まり。

日航機長が薬飲み乗務 国交省、厳重注意

 日航は20日、国内線を運航している日航ジャパンの機長(56)が5月に耳の腫瘍(しゅよう)の摘出手術を受けたことを会社に報告せず、その後も航空法で使用が制限されている薬を服用しながら乗務していたと発表した。

日航は「安全上の問題は起きなかった」と言ってますが、開き直ってるとしか思えないね。
『安全か否か』じゃなくて、使用制限の薬物を飲んで操縦した事が問題なんだろが!!
どこまで考え方が腐った会社なんだ日航は・・・・( ゚Д゚)ヴォケ!!

薬物の影響で墜落事故を起こしたと思われるロック岩崎氏の例もあるんだから簡単に考えちゃ困るんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

乾電池のみで有人飛行

単3乾電池で空を飛んだ 世界初

 埼玉県川島町の桶川飛行場で16日、市販の単3乾電池160本を動力にしたプロペラ機が有人飛行に成功した。乾電池だけを動力にした世界初の試みで、飛行時間は59秒。公認記録として申請するという。

使用したオキシライド乾電池の値段を計算したら3万240円。
これで飛行距離が391メートルですから、1メートル飛ぶのに77円34銭です。
航空機の値段を考慮に入れずに動力代だけでみてもコスト的には高いですね(笑)

まっ、こういうチャレンジは採算を考えたら出来ませんので、素直に『飛んだ!』という事を楽しむのが一番かな?
企業がスポンサーなら採算度外視でなんでも出来る見本だよ。
*最後までへそ曲りな俺^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

原子力空母と上空飛行制限

当たり前の事ですが、原子力空母は動く原子炉であり、動く飛行場でもある。
例えれば、原子力発電所の屋根が滑走路になっているようなものだ。

日本の「航空機の墜落に対する安全施策」について「1988年版原子力安全年報別冊、Q&A」から引用する。

問4 航空機の墜落に対して、原子力発電所等原子力施設ではどのように安全評価が行われているのでしょうか。

答1.原子力施設については、航空機による災害を防止するため、民間機と自衛隊機はともにできる限りその上空の飛行を行わないこととするとともに、その付近における一定高度(航空法に基づく最低安全高度)以下の飛行が許可されないこととなっています。また、在日米軍も,同じ飛行制限を遵守する旨表明しています。

実際にどんな規制がかけられているのだろうか?

「原子炉施設を中心として半径2海里、高度2,000フィートの範囲を訓練空域から除外するということになってございます」
(総合資源エネルギー調査会原子力安全・保安部会原子炉安全小委員会(第5回) 議事録 より抜粋)

当然、この措置は原子力空母にも適用されなければならないから、米軍ヘリは日本の領海や横須賀基地などで、原子力空母の2海里(約3.6キロ)以内に近づけなくなる。
ましてや原子力空母の甲板に着艦するなんて、もっての外と言わざるをえない。

空母が横須賀基地に出入りする時、空母の通る水路の両脇の陸地や空母の周りを武装ヘリが飛びまわって警護する。これも原子力空母に代わったら出来なくなる理屈だ。
原子力空母の在港時は、横須賀基地内の米軍ヘリポートの離発着も出来ないし、横須賀基地に入港している艦船のヘリも離着艦出来ない。

駆逐艦ラッセンが港内からヘリを飛ばしたときに、誘導電波が羽田の着陸誘導波を妨害したことは記憶に新しいが、今度はヘリを飛ばすこと自体が安全措置遵守違反となる。そんな制限をせざるを得ないのは、空母と原子力推進の組み合わせが日本の原子力安全措置に合わないからだ。

「それじゃあ、日本の安全措置を見なおせば良い。」なんて声が何処かからかかるかもしれない。「いや、空母だけ適用除外にしてしまえばいい。」と別の声が上がるかもしれない。

しかし、安全措置を見なおせば、これまで原発が安全だと言ってきた根拠が崩れる。
空母だけ適用除外したら、横須賀市や神奈川県がそんな原子力空母を受け入れるはずがない。
飛行制限という安全措置を堅持したまま原子力空母を受け入れたいならば、「原子力空母の2海里以内の飛行禁止」を米軍に守らせるしかないわけだが、そんな事を政府は米軍に約束させる事が出来ますか?

051212chanelguard
空母入港時の護衛のヘリ。
原子力空母でこれをやったら日本の原子力安全措置違反だ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

交通関連ニュース2題

さよなら交通博物館 70年の歴史に幕

 鉄道を中心に車や航空機などさまざまな乗り物を展示し、幅広い世代に親しまれてきた交通博物館(東京都千代田区神田須田町)が14日、老朽化などを理由に閉館し、70年の歴史に幕を閉じた。

そういえば1度も行った事が無かったな・・・交通博物館。
なくなってから気づいてももう遅いね(^_^;)
来年オープンするさいたま市の『鉄道博物館』に資料を引き継ぐそうですので、オープンしたら行って見たいな。航空関連資料も引き継ぐのかどうかは不明ではあるが・・。

松本清張 「点と線」の舞台、西鉄香椎駅解体でお別れ会

 松本清張の出世作「点と線」の舞台となった西鉄香椎駅(福岡市東区)が高架駅に切り替わるのを前に、清張ファンら約100人が13日、「お別れ会」を開いた。

これも知らなかったよ....orz
何だか今日は残念な事ばかり起こる日だ。
仕方が無いから映画『点と線』でも見て駅舎をしのぶ事にする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

中国も・・・チョロチョロすんな!

空の方では中国機の訪問が増えているみたいです。

中国機へのスクランブル8倍増、昨年度は107回

 2005年度に、領空侵犯のおそれがある外国機に対して航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)した回数は、前年度比約6割増の229回で、このうち中国機に対する発進回数が前年度の8倍の107回と急増し、過去最多を記録したことが、防衛庁統合幕僚監部のまとめで分かった。

空にかすみ網でも張ってみますか?
チュンチュンと鳴く、赤星雀が大漁かもよ。

某所で面白いアンケートをやっていました。

『外務省の調査では、80%近い人が、日中関係を改善すべきと考えています。あなたはどう思いますか?』

2006年04月20日より 計38793票

改善すべき                    50%    19137 票
現状でよい                      9%      3259 票
より悪化しても構わない    38%    14614 票
わからない                      5%      1783 票

悪化賛成4割弱ですか・・・結構危ない人多いみたいですね(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

国籍不明機 (゚Д゚)ウゼェェェ

空自の緊急発進2万回目=最近は中国機急増-防衛庁

 防衛庁の統合幕僚監部は7日、領空侵犯の可能性のある国籍不明機に対して行う航空自衛隊の緊急発進(スクランブル)が1958年5月のスクランブル開始以来、6日で計2万回目を記録したと発表した。最近は中国軍機が急増しているのが特徴となっている。

冷戦時代はソ連機の飛来が多かったのですが、最近は中国機が多いみたいです。東シナ海の油田開発、尖閣諸島の領有問題など日本もノホホンとしてられませんね。
甘い態度では他国に嘗められます。

アラート勤務の空自隊員には今後も緊張が耐えないでしょうが、交戦規則の改正も予定されているみたいですので(相手機を撃墜しても罪に問われないというのは大きい)最悪の場合は遠慮なく対空ミサイルでも対艦ミサイルでも撃ちこんでやって下さい。(←危ない発言は承知済みです)

とは言っても、なかなか発射ボタンを押せないのが人間。
平気な顔で簡単に押せるような人間は怖いです。
イザという時に人間性が試されるようなスクランブル発進が増える事はやはり嫌ですね。願わくば他国との紛争は避けたいものです。
それでも・・・・「やる時はやる!」でないと国が滅びます。

『自機に向かって対空ミサイルが発射された時、空自パイロットはなにを考えるのか?』

私だったら国もなにも頭から消えて、自分を守る為に敵機にミサイルを発射します。迷いは即、『自分の死』ですから・・。
自己を守る為に相手の命を奪うことも時には必要だと思う。
綺麗事だけでは済まない事も時にはある。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

航空機に落雷2件

中部地方で航空機への落雷事故が続けて2件起きました。
エンジン停止と翼破損・・・・・雷パワー恐るべし(;`∀´)

飛行中にエンジン1基停止 ボンバルディア機に落雷

 2日午前10時半ごろ、三重県上空を飛行中の福島空港発大阪行きのアイベックスエアラインズ3074便ボンバルディアCL-600で、2基あるエンジンのうち右側の1基が停止し、約20分後に大阪空港に緊急着陸した。乗客乗員計34人にけがはなかった。

山形行きジェイエア機に落雷、名古屋に引き返す

 2日午前11時25分ごろ、愛知県豊山町の県営名古屋空港付近の上空(高度2300メートル)で、同空港を離陸し、上昇中の山形空港行きジェイエア4323便(ボンバルディアCRJ200)が落雷を受けた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

日航お粗末過ぎ!逝ってよし!

日航機 主脚の点検忘れ飛行41回 同タイプ、過去に事故

 日本航空は22日、国内線で使用していたMD87型機で、左主脚の点検期限を10日間過ぎて、41回の飛行を続けていたと発表した。04年1月には、旧日本エアシステムのMD81型機で、同じタイプの主脚が徳之島空港(鹿児島県)に着陸直後折れる事故があり、国土交通省が着陸450回ごとの点検を求める「耐空性改善通報」を航空各社に出していた。同省は「整備に不備があった」として日航を厳重注意した。

さらに、

<JAL機>点検も規定違反、「問題ない」と判断し再び運航

 日本航空のMD87型機が左主脚の点検期限を過ぎて41回の飛行を繰り返していた問題で、日航が問題に気づいた後の点検でも社内規定に違反したうえ、「問題ない」と判断して再び運航させていたことが国土交通省の調べで分かった。日航は復帰後2日間、計12回の飛行に使っていた。国交省は23日、この機体を運航停止にし、主脚の亀裂の有無を調べる日航の再検査に異例となる立ち会いの措置を取った。相次ぐ単純ミスに国交省はほかのMD87,81の機体15機も確認するよう指示するとともに、新町敏行社長らを口頭で厳重注意した。

ごらあ日本航空!!
おまいら利用者を馬鹿にしてんのかあ!
アヒャ!! o(*・∀・)つ☆(.;.;)3`)アブッ
逝ってよ..._〆(゚▽゚*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

日航機ニアミス、無罪判決

誤指示で日航機ニアミス、2管制官に無罪判決

 静岡県焼津市上空で2001年1月、日本航空907便と同958便が異常接近(ニアミス)し、907便の乗客57人が重軽傷を負った事故で、業務上過失傷害罪に問われた国土交通省東京航空交通管制部の管制官籾井(もみい)康子(37)、同蜂谷(はちたに)秀樹(31)両被告に対し、東京地裁は20日、無罪の判決を言い渡した。

1月25日の論告求刑を受けて書いた予想が見事に外れました...orz

被告側は“無罪”を主張しているみたいですが、管制ミスによって結果的に怪我人が出ている以上無罪って事はないでしょう?
http://tyoro.air-nifty.com/blog/2006/01/post_883f.html

と書いたのですが・・・・(^^;)
機長は不起訴処分、管制官は無罪って・・・それじゃ事故の責任は何処に行くのでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年3月19日 (日)

全日空のDHC-8またトラブル

大阪発新潟行き全日空機、異常感知で引き返す

 19日午前11時40分ごろ、大阪(伊丹)発新潟行き全日空1657便(ボンバルディアDHC8―402型機、乗客・乗員75人)が名古屋市上空を飛行中、右尾翼の昇降舵の誤作動を示す警告灯が点灯したため、大阪・伊丹空港に引き返した。

故障の常連さんになっている全日空のDHC8型機....orz
マシン・メカが壊れるのは仕方がないので死傷者が出ていないだけマシなのかもしれないけど、こうも度重なると「またか!」という気になりますね(^_^;)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年3月13日 (月)

スカイマークがチョンボ!

未修理のまま9か月運航…スカイマークエアラインズ

 スカイマークエアラインズが運航する旅客機で、製造会社から修理するよう指示が出ていたのに気づかず、羽田―福岡、徳島などの路線で修理期限後も約9か月間にわたって使用を続けていたことが、13日わかった。

メーカーからの修理指示を無視してそのまま運航を続けるとはええ根性しとるな。

 スカイ社は同年12月から羽田―鹿児島線などで運航を開始したが、ブ航空から引き継がれた修理期限について記された文書が社内で共有されず、05年6月の修理期限に気づかずに運航を続けたという。

書類をファイリングしたまま現場に出さなかったという事か? 
整備責任者の怠慢やな。
で、書類を整理しないと発見がもっと遅れてたって事か・・・・・ボケ!(--〆)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

JALウェイズ機、乱気流で乗客怪我

乱気流で乗客2人軽傷 成田着JALウェイズ機

 28日午前8時ごろ、ホノルル発成田行きJALウェイズ71便ジャンボ機(乗客乗員366人)が太平洋上空を飛行中、乱気流に巻き込まれ、乗客2人が軽いけがをした。

気流が乱れていそうな時にアナウンスだけで、「ベルト着用サイン」を出さないのはまずいんじゃないの? 判断ミスと言われても仕方がないね。

また、「揺れます」とアナウンスしているのに脳天気にベルトを外している乗客も悪いよな。俺は座っている時はいつでも(気流が安定していても)ベルトを締めているけどな・・・特にJAL機の場合は(爆)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

おいおい・・大丈夫かよ?

16日開港の神戸空港ですが、前日にケチが付いたよ(´・ω・`)

神戸空港に4機着陸できず 開港「第1便」用の機体も

 16日に開港する神戸空港を同日朝に離陸予定だった日本航空とスカイマークエアラインズの計4機が天候不良のため15日、神戸空港に着陸できず、一時的に関西空港に着陸するなどした。

いきなり海上空港の弱点を晒しているぞ(笑)
こんなのでこれからの空港運用は大丈夫なのかい?
明日はちゃんと離着陸できる事を祈ります。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年2月12日 (日)

軽飛行機無着陸最長飛行記録達成!

無着陸の最長飛行を達成 米冒険家、4万2000キロ

 【ロンドン11日共同】無着陸の最長飛行を目指し、超軽量飛行機「グローバルフライヤー」で飛行を続けていた米冒険家スティーブ・フォセットさん(61)が11日夕(日本時間12日未明)、これまでの軽飛行機による距離を2000キロ以上上回る約4万2400キロの記録を達成し、英国南部の空港に着陸した。

素直に「Congratulations on the record achievement. (おめでとう!)」やね。
使用された飛行機は、昨年3月に無着陸世界一周にも使われた機体。

グローバルフライヤーの公式サイトはこちら。
現在の飛行速度は0.00 knotsだそうです(ユーモアなのか真面目なのか(笑))
Virgin Atlantic Global Flyer : Home Page

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

タービンブレード落下事故調査報告書

昨年8月に「JALウェイズ」のDC10型機が、福岡空港を離陸直後にエンジンのタービンブレードを落下させたトラブルについて国土交通省が調査結果を公表しましたよ。

(株)ジャルウェイズJA8545(ダグラス式DC-10-40型)エンジン不具合に係る調査報告書の公表について

日本航空のウェブサイトにもこの件について記載がありました。

JAL - 福岡空港で昨夏発生したエンジン不具合の再発防止策について

DC-10は全機引退しましたが、同じエンジンをB747型機で使用しているので、今後はそのエンジンに対しての再発防止策のようです。
今度は本当に大丈夫ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

航空大手2社の明と暗

日本航空がまたマヌケな事をやってるよ。( ´,_ゝ`)プッ

日航機のドア補助装置に電池入れ忘れ、気づかず運航

 日本航空の航空機(ボーイング777―200型機)で今年1月、八つある機体ドアのうち七つのドアで、緊急時に使用するドア操作補助装置の電源に乾電池を入れ忘れる整備ミスに気づかないまま運航していたことがわかった。

この状態で21回もフライトしたってんだからお笑いだね。
日航の整備士は与太郎しか居ないのかい?

だからこういう事になるんだよ。 ↓

日航、赤字に転落 4-12月期 全日空は増益確保

 航空大手二社の平成十七年四-十二月期連結決算が、六日出そろった。日本航空は原油高と運航トラブルのダブルパンチで赤字に転落。一方、全日本空輸は景気回復による旅客増やコスト削減で増益を確保するなど、明暗が分かれた。

と言いながら全日空も一寸したトラブルが有ったんだけどね・・・(^^;) ↓

滑走路上でエンジン異常 全日空機が新千歳空港で

 新千歳空港事務所は6日、羽田発新千歳空港行き全日空79便ボーイング767で今月3日、滑走路上で片側のエンジンの出力が急激に落ちるトラブルがあったと発表した。乗客、乗員計287人にけがはなかった。

もっとも、このトラブルはエンジンに雪を吸い込んだ為だから全日空の責任じゃない。ボケ日航と同一視したら気の毒や。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月31日 (火)

DHC-8車輪トラブルは製造ミス

全日空ボンバル機 車輪トラブルは製造ミス

 全日空の小型旅客機ボンバルディアDHC8―400(最大74席)が昨年、車輪が格納できなくなり出発空港に引き返すトラブルを繰り返し起こしたのは、脚を動かすための油圧系統に製造段階でのミスがあり、空気の混入が原因だったことが27日、分かった。

同タイプ機が世界には約800機存在するそうだが、これを全部改修するは大仕事だね。まさか改修費用を航空会社に請求したりはしないでしょうから、製造メーカーの責任でちゃんと直して貰いましょう。
自社の整備ミスでなくて良かったね全日空さん(*^。^*)
ついでに欠航になった損害賠償も請求してみたら?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

ロシア機、北海道で領空侵犯

5年ぶりに珍しいお客様がやって来たようです。
交戦規則改正前に来てみたかったとか?(んなわけねえべ(^^;)

飛んで来たのは“ロシアの国内法に違反したロシア船を追跡していたロシア連邦保安庁国境警備局のアントノフ輸送機”みたいです。
勢い余って日本領空にはみだしたご様子。

ロシアの航空機、領空侵犯7回繰り返す

 防衛庁に入った連絡によると、25日午後7時7分から同33分にかけ、北海道稚内市の北西約30キロの日本海海上で、ロシアの航空機1機が7度にわたり、領空侵犯を繰り返した。
 航空自衛隊は、千歳基地(北海道千歳市)からF―15戦闘機6機を緊急発進させ、地上から無線で警告。ロシア機は自衛隊機との間でトラブルもなく領空外に去った。

でもなんで千歳から6機も飛んでいったんでしょう? 普通は2機ですよね?
久しぶりのスクランブルで先を争って飛んで行ったとか(笑)んなわけ無いっつうに・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年1月25日 (水)

いまごろ論告求刑・・ですか?

管制官2人に求刑 日航機のニアミス事故

 2001年に静岡県沖上空で起きた日航機同士のニアミス事故で、管制指示を誤り乗客57人を負傷させたなどとして、業務上過失傷害罪に問われた管制官の蜂谷秀樹(31)、籾井康子(37)両被告の論告求刑公判が25日、東京地裁(安井久治裁判長)で開かれる。

この航空管制ミスに関してはとっくにケリがついたと思っていたんですが・・・。
いまごろ論告求刑してんのね。日本の裁判は何故こんなに進行が遅いんでしょう?^^;
被告側は“無罪”を主張しているみたいですが、管制ミスによって結果的に怪我人が出ている以上無罪って事はないでしょう? 素人考えですけど・・。

なお、この事故の航空事故調査報告書(PDF版)はこちらからダウンロード可能。
                  ↓
http://araic.assistmicro.co.jp/araic/aircraft/download/pdf/02-5-JA8904.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

米軍F15墜落(沖縄)

沖縄近海にF15墜落 米パイロット救助

 十七日午前十時ごろ、沖縄本島近海の洋上で訓練飛行中の在日米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が機体トラブルを起こし、墜落した。パイロット一人は緊急脱出して、救助された。

この墜落事故を受けて那覇防衛施設局の西正典局長や、国・沖縄県は「事故原因が究明されるまで同型機の訓練中止」を要請したが、在日米軍沖縄地域調整事務所長のマーク・フランクリン大佐は、「原因究明までのF15の飛行中止要求を受け入れられない」との考えを伝えた。(米、飛行中止拒む F15墜落で国、県が要求)

さらに、米空軍嘉手納基地報道部は19日には飛行を再開する見込みであることを明らかにした。これに対して地元自治体からは猛反発の声が上がっています。

原因究明そっちのけ/F15飛行再開示唆

 「不安で眠れない」「原因究明まで自粛が常識」。嘉手納基地所属のF15戦闘機墜落から一夜明けた十八日、在沖米空軍が十九日にも飛行再開する方針を明らかにしたことを受け、基地近隣や墜落現場に近い各自治体、住民からは激しい反発の声が上がった。

確かにこの米軍の対応には私も不信感が募ります。
「乗組員の安全のためにも、飛行訓練を継続する必要がある」(在沖米軍四軍調整官事務所所長のマーク・フランクリン大佐)ってどういう事? 全然意味が分からねえ・・。
乗組員の安全確保の為というなら尚の事、原因が分かるまで飛行を中止するのが筋ではないのか? イザという時乗員は緊急脱出出来るから構わないとでも言うのか!
米軍機が墜落する度に恐怖に慄く住民の感情を考えろ!(--〆)
ミリオタの私でも、こんな奴らに沖縄をこれ以上蹂躙されるのは耐えられない。

“The US military requires that it withdraws from Okinawa.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

新北九州空港の3月16日開港に向けて

新北九州空港 初日便の予約・販売始まる 3月16日開港

 新北九州空港の3月16日の開港を2カ月後に控えた16日、初日便チケットの予約・販売が始まった。
 同空港に就航するのは、新規航空会社で同空港を拠点とするスターフライヤーの羽田便と、日本航空グループの羽田、名古屋(小牧)、那覇便。羽田便は両社合わせて17往復(当初は14往復)と、現在の3倍以上になる。

特に新規航空会社スターフライヤー便の人気が高く、初便は上下便が5分で完売だったそうです。
3月16日って平日なんですけどね・・・
こういうイベントっていつも行く事が出来ないのでなんか悔しい(´・ω・`)

スターフライヤー関連ニュースがもう一つありました。

客室乗務員はパンツスーツ スター社、機内も披露

 3月16日開港予定の新北九州空港と羽田空港の間に定期便を就航する新規航空会社スターフライヤー(北九州市)は16日、客室乗務員の制服や使用するエアバスA320の内装を披露した。

羽田路線で日航グループに負けないように頑張って下さい。
JAL嫌いだから(言い切って良いのか・・・(爆))スターフライヤーを応援するよ。
ファイトォ*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*!!!☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

救助訓練中に骨折(海上保安庁)

<海難救助訓練>海保隊員が骨折 国交省が調査官派遣

 関西国際空港の北西約13キロ沖の大阪湾で10日午後にあった海難救助訓練で、海上保安庁の関西空港海上保安航空基地の機動救難士(29)が左腕を骨折したことが分かった。同基地は「訓練中のけが」として公表していなかったが、国土交通省航空局は「航空機事故に該当する」と判断。

ヘリでのホバリング吊り上げ訓練中にワイヤーが絡んだ事故の様です。
訓練中の事故で思い出しましたけど、埼玉の防災航空隊で一昨年、りぺリング降下訓練中にロープから転落した事故がありましたね。
この時はカラビナへのロープの掛け間違えでの事故でしたが、ロープ一本に命を預けているのは一歩間違えると命取り。何事も用心が肝心。

機動救難士が巡視艇から上空に停止中のヘリにワイヤーでつり上げられる訓練をしていた際、手に持っていたロープが船に絡まり、両方向に引き裂かれる形になったという。

その時の状況を想像しただけで痛そうやな・・・(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

部隊行動基準変更【防衛庁】

東シナ海をチョロチョロする中国戦闘機に対処する為に、防衛庁は交戦規則(ROE、部隊行動基準)を変更するとの事。

東シナ海領空侵犯 武器使用の「任務」明記 防衛庁、戦闘機応戦を強化

 東シナ海で、中国軍機による日本の防空識別圏への侵入が急増していることを受け、防衛庁が領空侵犯対処を強化することが三日、分かった。現行では、戦闘機の武器使用は「正当防衛」などに限定され、しかもその判断はパイロットに委ねられている。こうした曖昧(あいまい)さを解消するため、交戦規則(ROE、部隊行動基準)に、武器使用を明確に「任務」と明記し、指揮官の命令などに基づき応戦できる状況や手順を規定。艦艇と連携した共同対処の検討にも着手する。

規定が変わっても相手の攻撃を待ってから反撃する『専守防衛』では対処も限界が有りそうですけど・・・(^^;)
さすがに自衛隊機からは先制攻撃は出来ないみたい。

今までは反撃する際に相手機を撃墜したら処分を受ける事も有ったそうですけど(遣られたから遣り返したのに・・・^^;)、今後は攻撃されたら遠慮・躊躇無く相手を撃墜できるようになるだけでも進歩したと見るべきなのかな?

おっと・・・中国戦闘機の皆さ~ん、規定改正前に駆け込みで攻撃してくるのは止めてね。来るなら改正後にお願いします。場合によっては遠慮なく“ガラガラヘビ(サイドワインダー)”をプレゼントしますから(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

神戸空港ライトアップ

2月16日に開港する「神戸空港」が先月31日にライトアップされました。
神戸沖に浮かぶ海上空港のライトアップは綺麗でしょうね(*^_^*)
テナントが集まらないとか乗り入れ便が少ないとか、いろんな問題は残っている様ですがまずは無事に開港してもらいたいと思います。

でも・・・本当に必要なのかな「神戸空港」って?(ボソッ...)

神戸空港、開港年祝いライトアップ

 2月16日の開港を控え、神戸市中央区のポートアイランド沖に浮かぶ神戸空港が31日、ライトアップされた。空港本体に加え、関連施設も「本番」さながらに輝きを放ち、開港年の到来をアピールした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月29日 (木)

相変わらずネジが緩んでいます。

緊急脱出装置セットせず JAA機で乗務員ミス

 日航グループの日本アジア航空(JAA)が26日に運航した成田発台北行き209便ジャンボ機(乗客乗員427人)で、2階席の緊急脱出用スライド(滑り台)が自動で作動しない状態になっていたことが28日、分かった。

 2階席を初めて担当した客室乗務員(37)がスライド装置をセットしていなかったのが原因。

このCAってバイトですかね?
航空会社も最近はパートCAが多いので中にはネジが緩んでるのも混じってるんだろうな・・(ーー;)
「初めてだから・・」ってのはトラブル時の言い訳には通用しないでしょう。
ドジでノロマな亀はTVドラマだけにして貰わないと、イザという時乗客が死ぬんです。
責任者共々乗務から外されたそうですが当たり前です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土)

中国機が滑走路に無許可進入

10月の出来事がなんで今頃出てくるのか分かりませんが、無線の交信周波数の切り替えなんて通常の操作でしょう?
なんで忘れたり、間違えたりするんでしょうね・・・。
だいいち、「Taxi into Position. RWY ○○」の指示が出ていないのにノコノコ滑走路に進入するというのが理解できん。(--〆)

<中国東方航空機>滑走路に無許可進入 関西空港で10月

 関西国際空港で10月、離陸前の中国東方航空の旅客機が無許可で滑走路に進入していたことが分かった。副操縦士が無線機の切り替え操作を誤ったため無線交信が約2分間途絶し、管制官の呼び出しに応答できなかったといい、着陸態勢に入っていた別の旅客機が着陸をやり直した。このため国土交通省は、同社に厳重注意した。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

サンタ追跡、今年もやっています。

毎年恒例のNORAD(北米航空宇宙防衛司令部)のサンタさん追跡ですが今年もちゃんとやっています。このイベントも今年で50周年だそうです。
結構歴史が有るんですね。
21時過ぎに確認した時はオーストラリアのシドニー近くに居ましたよ。(*^。^*)

  • サンタの追跡サイトは ↓

NORAD Tracks Santa 2005

米国とカナダが共同運用する北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)の「サンタクロース追跡作戦」が今年で開始50年を迎える。日本語表示もある専用ウェブサイトを設置し、米東部時間の24日早朝(日本時間24日夕)から、サンタクロースの到着時間などに関する全世界の子供たちの電話や電子メールでの問い合わせに答える態勢を取っている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月23日 (金)

航空関連2題

今日の午前、また庄内空港上空で航空機に落雷しました(^^;)
冬型の気圧配置で大気の状態が不安定な為だと思いますが、そう度々雷に落ちられたのでは怖くて乗ってられないよ・・。
変な事で有名になってますね→庄内空港。

アイベックス機に落雷 庄内空港上空

 23日午前11時ごろ、山形県酒田市の庄内空港上空で大阪発庄内行きアイベックスエアラインズ3071便の機首に落雷があった。空港周辺が強風だったため着陸を断念、目的地を仙台空港に変更し、同11時26分に着陸した。

先日書いた全日空のゴールド塗装B737型機が定期運航を始めましたね。
でも、福岡や名古屋まではちょっと行けそうもない・・・見たいなあ(´・ω・`)

福岡空港から初フライト 金色のボーイング737

gold_b737700 金色の塗装をした全日空の新型旅客機ボーイング737-700型の1号機が23日、国内線の路線に就航。最初の便が乗客125人を乗せ、福岡空港から中部国際空港に向けて飛び立った。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月20日 (火)

ゴールド塗装のB737-700

全日空が導入した新型機【B737-700】の1号機と2号機の塗装が金色
写真で見ると見慣れた全日空ブルーとはかなりイメージが違いますね。
何と言うか・・・成金趣味(笑) 今風に言うと「セレブ」か?
珍しいので見てみたい気はあります。(*^_^*)

『金色のB737披露へ 全日空、最新技術を導入』

 全日空は19日、今月末から新たに就航する最新鋭の小型機で、特別に金色に塗装した「ボーイング737-700」の1号機を、羽田空港で報道関係者に披露した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月18日 (日)

空自F-15衝突事故の調査報告発表

9月6日に北海道で起きたF-15同士の衝突事故原因が発表されました。
それによると、パイロットの周囲確認ミスという事です。
墜落しなかったから良かったもののちゃんと周りを見て飛んで下さいよ(--〆)

操縦士のミスで接触 F15接触事故の原因

 北海道北西の日本海上空で9月、航空自衛隊のF15戦闘機2機が接触した事故で、空自第2航空団(千歳市)は16日、事故原因は両機操縦士の位置確認不足など操縦ミスだったとする調査結果を発表した。
 両機は事故後無事に千歳空港に着陸したが、佐藤孝二・同航空団防衛部長は「一歩間違えば墜落の危険があった。再発防止に万全を期す」と述べた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月17日 (土)

全日空機に落雷

羽田発庄内空港行きの全日空エアバスA320に落雷、機首部分が少し損傷しました。乗客には怪我が無かったということです。
今日の庄内地方は朝から「雷注意報」が出ていたんですが、着陸時の落雷では雷雲を避けることも出来ないですよね^^;

以前の事ですけれど、私がセスナで訓練中に上空から地上への落雷を見た時はビビリました。雷雲が近づいてきたので空港に戻る途中の出来事ですが雷雲って足が速いのであっという間に追いつかれて雨の中でのアプローチ中に後ろからピカッ!
瞬間空気が揺れました。右後方を振り返ってみたら稲妻が地上を「電撃!ピカチュウ~」しているのが見えました((((( ;゚д゚)))アワワワワ)
命辛々着陸(ビビッテいたので手が震えながら・・・恥ずかしい。昔から雷は嫌いです)後で聞いたら高圧線に落雷して停電になってたそうです。

意外と知られていないのですが、雷は夏より冬の方が多いんですよ。

全日空機に落雷、けが人なし…山形で着陸直前

 17日午前8時半ごろ、山形県酒田市の庄内空港に着陸しようとしていた羽田発の全日空893便エアバス320が、機首付近に落雷を受けた。

似たような落雷事故が先月19日にも有りましたね。
雷パワー恐るべし!

青森空港上空で日航機に落雷被害

 日本航空(JAL)によると、羽田空港から青森空港に向かっていた1201便が十九日午前九時ごろ、青森空港上空で雷を受け、機体にわずかな亀裂が入った。乗客にけがなどはなかった。飛行機は、青森空港に着陸後、機体を修理して、折り返し便として予定より約九時間遅れで出発した。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

旅客機オーバーラン!(シカゴ)

とんでもない事故がアメリカのシカゴで起きましたね(ーー;)
旅客機が着陸時にオーバーランして道路に飛び出したとの事。
無理に着陸しようとしないで、時にはゴーアラウンドする勇気も必要なのでは?

米機オーバーラン1人死亡 大雪のシカゴ

 【ニューヨーク8日共同】米イリノイ州シカゴのミッドウェー国際空港で8日夜(日本時間9日午前)、米サウスウエスト航空の国内線旅客機が着陸の際に大雪や強風などのためオーバーラン、空港のフェンスを突き破って道路上で止まった。AP通信によると、路上の車2台と旅客機がぶつかり、車に乗っていた男児1人が死亡、旅客機の乗客2人を含む計10人が負傷した。

20051209-00000139-kyodo-int-thum-000 8日、米イリノイ州シカゴのミッドウェー国際空港で、オーバーランした米旅客機(AP=共同)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年12月 9日 (金)

故・ロック岩崎さんの事故調査報告書

ロック岩崎さんの航空事故調査報告書が先月公表されています。

概略の事故原因では、
「本事故は、同機が低高度にて曲技飛行訓練を実施していた際に回復操作を開始するタイミングが遅れたため、地面に衝突し、機体を損傷するとともに、機長が死亡したことによるものと推定される。」
となっていますが、報告書の詳細を読むと原因が意外な所にあった事に驚いています。

花粉症が事故原因(あくまでも推察です)だって(´TωT`)
彼もやっぱり人の子、薬の副作用には勝てなかったということでしょうか・・・。

ロック岩崎さんの航空事故調査報告書: 報告書番号 AA05-6(概要)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 6日 (火)

危ない航空会社ブラックリスト化

EU、危ない航空会社のブラックリスト作成へ

 欧州連合(EU)は5日の運輸相理事会で、安全性に問題がある航空会社の「ブラックリスト」を作成することを決めた。リストに載った航空会社には、EUへの乗り入れを禁止する。06年3月にはリストをインターネット上で公表する見込みだ。

Σ(゚д゚lll)ガーン
日本からは「日本航空(JAL)」が真っ先にリストに入れられそうな予感・・・。
空からタービンブレードをバラ撒いたのは痛いと思うぞ(;`∀´)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 5日 (月)

中部国際空港強風で大荒れ!

中部空港、横風で欠航相次ぐ

中部国際空港(愛知県常滑市)は5日、朝から強い横風に見舞われ、正午現在、離着陸あわせて国内線43便、国際線2便が欠航。多くの便が遅れ、最大1時間半の遅れも出た。風は深夜まで続く可能性があり、欠航や遅れはさらに拡大しそうだ。中部空港で横風による欠航がこれほど相次いだのは、2月の開港後、初めて。

名古屋空港は今現在もかなり強風が吹いているようです。

【16:00(JST)のデータ】↓

Current Weather Conditions:
Nagoya Airport, Japan

(RJGG) 35-15N 136-56E 17M

2005.12.05 0700 UTC
Wind: from the W (270 degrees) at 32 MPH (28 KT)
Visibility: greater than 7 mile(s)
Sky conditions: partly cloudy 
Temperature: 46 F (8 C)
Dew Point: 28 F (-2 C)
Relative Humidity: 49%
Pressure (altimeter): 29.62 in. Hg (1003 hPa)
ob RJGG 050700Z 27028KT 9999 FEW020 SCT050 08/M02 Q1003 TEMPO 27035G45KT

10:00(JST)には風速34ノット(約17m/s)の西風を記録。
ほとんど台風並みの強風やんけ・・・・ Σ(゚д゚lll)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 4日 (日)

ボンバルディア機がまた故障・・凹むぜよ

ボンバル機また故障 エンジン部に不具合 2便欠航

 3日午前、全日空大阪発松山行き1631便のボンバルディアDHC8―400型機が、出発前点検で右エンジンがうまく作動しないトラブルが見つかった。同便は急きょ別の同型機で運航。これによる機材繰りで、高知―大阪線の上下2便が欠航した。

故障常習犯になってしまった全日空のDHC-8型機、今度はエンジントラブルですか? いつになった普通に運航出来る様になるんだろうね(--〆)

全日空広報室の「ご迷惑をお掛けしていることは申し訳ないが、同じトラブルを起こさないよう、メーカーと一緒に原因の一つ一つをつぶしていく取り組みを続けている。きょうあすにその成果が出るということではないが、最大限の対応をしているつもりだ。」のコメントが空しいんですけど・・・。
俺、全日空好きだからいつまでも笑い者にされているのが耐えられないんだよね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

スカイマーク機エンジン爆発事故

鹿児島空港離陸後に起きたスカイマークエアライン機(B767)のエンジン爆発事故について流れをニュースから拾ってみました。(論評は省きます)
地元では「説明無しで路線撤退する気?」だの「乗客のホテル手配もしない」だのと感情的になっている部分もありますがその件はひとまず置いておきます。

スカイマーク機 右エンジン破損で緊急着陸 (12/01)

  •  1日午後4時45分ごろ、スカイマークエアラインズ(SKY)の鹿児島発東京行き306便(ボーイング767)の右エンジン後部が離陸直後に破損し、鹿児島空港に緊急着陸した。乗員乗客90人にけがはなかった。右エンジンから白煙が確認され、国土交通省は火災が起きた可能性もあるとみて調べる。エンジンには穴が開き、同空港滑走路には金属片が落下。回収のため、滑走路を58分間閉鎖した。

スカイマーク機エンジン破損 回転翼が複数損傷 (12/02)

  •  鹿児島空港を離陸したスカイマークエアラインズ(SKY)306便(ボーイング767)の右エンジンが破損した事故で、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会の調査官は2日午後、関係者からの聞き取りや機体の調査を続けた。エンジン内のタービンを構成するブレード(回転翼)が複数損傷していることが判明。何らかの原因によるブレードの損傷で爆発的な異常燃焼が起き、エンジンを覆うアルミ製のカバーが破損した可能性があるとみている。カバーが破損したのはエンジントラブルとして極めて深刻で、日本では初の事例。

SKY機トラブル 米、調査参加へ 燃焼ガスに引火、爆発か (12/03)

  •  鹿児島空港でスカイマークエアラインズ(SKY)のボーイング767の右エンジンに穴が開いた事故で、機体を製造した米国の運輸安全委員会(NTSB)やメーカーが事態を重視、日本の調査に参加する意向を示していることが三日、分かった。国土交通省によると、エンジンの外板が吹き飛び穴が開く事故は世界的にもほとんど例がなく、同省は損傷状況の詳細を米連邦航空局(FAA)に通報した。

スカイマーク タービン亀裂が原因か (12/03)

  •  鹿児島空港を離陸したスカイマークエアラインズ(SKY)機の右翼エンジンカバーに穴が開いたトラブルで、現地調査した国土交通省航空・鉄道事故調査委員会は3日「エンジンの高圧タービンの亀裂が原因」との見方を強めた。事故調は今週中にエンジンを東京に運び、分解して原因の特定を進める。

【追記】 12/06
米メーカーが調査に合流 SKYのエンジン爆発破壊 (12/06)

  •  スカイマークエアラインズ(SKY)ボーイング767の右エンジンが爆発破壊した事故で6日、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会の調査に、米国のエンジンメーカー、ゼネラル・エレクトリックの技術者が合流、鹿児島空港でエンジン内などを詳しく調べた。技術者は、エンジンの外板が吹き飛び穴が開くという、世界的にもほとんど例のない事態を重くみた米運輸安全委員会(NTSB)の意向を受けて派遣された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 3日 (土)

原子力空母横須賀配備を公式発表

米原子力空母G・ワシントン、横須賀配備へ 08年に

 米海軍は2日、神奈川県の横須賀基地を事実上の母港とする通常型空母キティホークの後継艦に原子力空母ジョージ・ワシントンをあて、08年に配備すると発表した。実現すれば日本に初めて配備される原子力空母になる。

米海軍も空母の戦闘能力から後継艦の候補を絞り込んだうえ、原爆投下を指示したトルーマン大統領の名を冠した空母などを除外したという。

米海軍が正式に横須賀への原子力空母配備を発表しちゃいましたよ・・・。
米海軍の配慮を考慮しても、日本政府は益々強まるであろう横須賀での反対行動をどうやって収めるつもりなの?

こちらがニュースで述べていた米軍発表文です。↓

USS George Washington to Replace USS Kitty Hawk as U.S. Navy’s Forward Deployed Carrier

Story Number: NNS051202-06
Release Date: 12/2/2005 8:00:00 PM

WASHINGTON (NNS) -- The U.S. Navy announced Dec. 2 that USS George Washington (CVN 73) will replace USS Kitty Hawk (CV 63) as the forward-deployed aircraft carrier in the western Pacific and will arrive in Yokosuka, Japan, in 2008.

George Washington is currently homeported in Norfolk, Va., and is receiving necessary maintenance and upgrades at Northrop Grumman Newport News Shipbuilding to facilitate this forward deployment.

The forward deployment of George Washington will not necessitate a change in the assigned air wing in Japan, nor in the composition of the air wing. Carrier Air Wing 5 will remain the forward-deployed air wing.

This rotation is part of the Navy’s long-range effort to routinely replace older ships assigned to the Navy’s forward-deployed naval forces with newer or more capable platforms. It is part of an ongoing effort to consider the nature of all forward deployed forces when looking at the unpredictable security environment in the western Pacific.

George Washington was commissioned July 4, 1992. The ship returned from its sixth deployment in July 2004. It deployed to the Mediterranean Sea and Persian Gulf in support of the global war on terrorism.

同じページにあったジョージ・ワシントンの画像↓

George_Washington040603-N-5319A-007 Arabian Gulf (Jun. 3, 2004) - Aircraft assigned to Carrier Air Wing Seven (CVW-7) embarked aboard USS George Washington (CVN 73) are parked in formation on the flight deck during a strike group photo while operating in the Arabian Gulf. The Norfolk, Va. based aircraft carrier is on a scheduled deployment in support of Operation Iraqi Freedom (OIF). U.S. Navy photo by Photographer's Mate 1st Class Brien Aho (RELEASED)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

JAL機、軍事演習で着陸出来ず・・・。

アモイ上空、軍事演習 JAL機が成田に引き返す

 成田発中国・アモイ行きの日本航空607便(ボーイング767―300型、乗客・乗員計189人)が25日夕、軍事演習の影響でアモイ空港に着陸できず、成田空港に引き返した。全日空のアモイ行きの貨物便も同様の理由で、目的地を上海に変更したという。

かの国はノータム(NOTAM)も出さずに黙って軍事演習するのか?
さすが中国! (自分で書いておきながら何が“さすが”かよく分からないけど、中国のイメージは俺にとってそういう国だっちゅう事)

ところで、アモイってどこに在るの?(笑) って事で観光案内で調べたら

【厦門(アモイ)】
中国福建省南東部の港湾商工都市。厦門島の南西岸に位置し、対岸に鼓浪嶼がある。かつては貿易港として栄え、今は経済特区として繁栄を続けている。古い町並みと近代的な建物が共存した活気に満ち溢れる街だ。

中国は仕事で哈爾浜(ハルビン)に行った以外は旅行した事が無いけど(返還前の香港はある。そこから列車で行った中国国境近くの上水(ションスイ)は良かった)日本人にあまり好感情持っていない香具師が多くて嫌だった(指示は無視するし、注意すると脹れるしで「俺だって遊びで来てんじゃねえんだよ!」と言いたくなった。)
やはり古い人達には大戦中のシコリが残っているんだろうな。
食事だけは美味かったけどね。。。中国も仕事抜きなら楽しい所なのかもしれないな。

なんだかニュースと関係ない所でうだうだ書いてるね。
結局何が言いたいのか・・・俺にもよう分からん。
最近気分が躁鬱気味。
「Keep out of the way! Danger and handling attention. 」のラベル貼っとこう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

零戦復元? ちょっと違うだろ。

零戦復元のニュースを読んでプロジェクトページを見に行ったが映画撮影に使われてその後保管してあった“模型”の復元だった...orz

模型じゃない零戦復元だったら俺も協力したいと思う。
でもこれは模型だよ。どんなに頑張っても実機零戦にはならない。
ボロボロになった“実機”を修復したんなら評価するけどね。
零戦のオリジナル部品が1箇所も使われていない物を「零戦復元」ってのはどうかと思う。
キツイ事を言うようだけど、金が集まらない理由はそこにあるんじゃないの?

零戦復元 無安打無得点…特攻隊で戦死、石丸投手が搭乗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DHC8型機またトラブル

トラブル常習者の全日空DHC8型機、今度は与圧系統のトラブルか?
ちなみに16日に前輪収納出来ずに伊丹に引き返したのと同じ機体です。
・・・・俺、もう小言を言う気力も無いよ(´・ω・`)
事故だけ起こさないようにしてや。

ボンバルディア機またトラブル、大阪空港に引き返す

 23日午前7時20分ごろ、大阪(伊丹)空港を離陸し、神戸市上空約3000メートルを飛行中の高知行きエアーニッポンネットワークのANA1601便(ボンバルディアDHC8―402型、乗客・乗員44人)で、機内の気圧を調整する与圧系統の異常を示す警告が出た。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月21日 (月)

オスカーがため池に墜落!(陸上自衛隊)

オスカー(OSCAR)の愛称で親しまれる陸上自衛隊航空学校所属の偵察・観測ヘリOH-6Dが墜落しました(ニュースでは不時着と言っていますが機体紛失ですので結果的に墜落でしょう。)

<陸自ヘリ不時着>三重・大日山斜面に、2人けが

 21日午前9時57分ごろ、三重県玉城、度会両町境付近で、陸上自衛隊明野航空学校(同県伊勢市)所属のヘリコプター「OH―6」型1機と連絡が取れなくなったと、陸自第10師団(名古屋市守山区)に連絡があった。同航空学校のヘリコプターなど4機が捜索したところ、同11時40分ごろ、度会町の大日山(標高302メートル)西側で乗員2人が白旗を振っているのを確認、つり上げて救助し、伊勢市内の病院に収容した。けがの程度は軽傷の模様。

幸い乗員は怪我だけで済んだ様でホッとしています。
天候は快晴だったとの事ですので落ちた原因はいったい何だったんでしょうか?
航空学校が同居する陸上自衛隊明野駐屯地には陸自所有機種が全て揃い、試作機の試験飛行なども行っています。

陸自ヘリは池に水没 陸自が事故調査委を設置

 陸上自衛隊航空学校(三重県伊勢市)の観測ヘリコプター、OH6Dが教育訓練中、不時着し乗員2人が救出された事故で、航空学校は21日午後、会見し、ヘリが航空学校から南西約11キロの玉城町の池に水没したことを明らかにした。陸自は事故調査委を設置し、事故原因を調べる。

との事です。
水没したヘリを引き上げる事が出来れば原因究明も可能でしょうがどうなんでしょう?

image42
明野駐屯地所属のOH-6D
(陸上自衛隊明野駐屯地紹介ページより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

海自機とヘリがニアミス(鹿児島)

海自機とヘリが異常接近 鹿児島、距離50-100m

 国土交通省は17日、海上自衛隊下総航空基地(千葉県柏市)所属のYS11練習機の機長(54)から「鹿児島県付近を16日に飛行中、小型ヘリコプターと異常接近した」と報告があったことを明らかにした。
 報告によると、最接近時は水平距離が50-100メートル、高度差約9メートル。相手のヘリは形状から民間機の可能性が高いという。

航空法規上は航空機同士がすれ違う際にもいちおう優先権が決められていますが、実際は衝突回避の為に優先権の有る無しに係わらずお互いに回避行動をとる様に飛行訓練では指導されています。
今回のニアミスでヘリ側が回避行動を取ったかどうかは不明です。
「事故になってないんだから」とそのまま頬被りを決め込まないでヘリパイロットさんは早目に自己申告した方が身の為ですよ。
モグリ飛行でもない限り、フライトプランを提出していればいずれ身元はばれまっせ。

まずはお互いに空中衝突せずに済んで良かったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

これで何度目?全日空機前輪トラブル

全日空DHC-8型機の前輪がまた壊れたよ...(  ´・ω・)
何度同じ様なトラブルで利用者に迷惑を掛ければ気がすむんだろうねえ~。
前輪部の設計が不味いんじゃないの?
ええかげんにせえやホンマに・・・o(`ω´*)o

全日空機、大阪空港へ引き返す 前輪が格納できず

 16日午前10時50分ごろ、大阪(伊丹)空港を離陸直後の島根・石見空港行き全日空1651便(ボンバルディアDHC8―402型機、乗客・乗員44人)で、前輪が機体に格納されないトラブルがあった。同便は機内から前輪が正常に下りているのを確認し、約1時間後に大阪空港へ引き返した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月11日 (金)

北朝鮮戦闘機 韓国の領空侵犯

同じ航空機の話題でもこちらはきな臭いニュースです。

北の戦闘機2機、韓国側に侵入=警告受け引き返す-黄海上空

 【ソウル11日時事】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮軍のミグ19とみられる戦闘機2機が11日午後、韓国領である白※島付近の上空で、黄海上の軍事境界線に当たる北方限界線(NLL)を越えて韓国側に侵入した。哨戒中の韓国軍機6機が急行し、無線で警告したところ、約2分後に北朝鮮側空域に引き返した。

何をしに韓国領空に侵入したのか目的が分かりませんが、6カ国協議が行われている最中にそれをぶち壊すような行動をとるとは相変わらず理解しがたい国ですな。
それにしても、ミグ19なんて骨董品をいつまで使ってるんですか(笑)
壊れた時に部品調達出来るのかね?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

エアバスA380長距離試験飛行

エアバス社の最新型旅客機『A380』が11月10~18日の9日間に渡ってフランス~アジア~オーストラリアのツアーを行っています。このツアーは営業飛行に向けての長距離試験飛行も兼ねています。11日に最初の寄港地シンガポールに到着しました。

来年には日本でも乗り入れ機が見られるのかな?
(ちなみに日本の航空会社は未だ発注してません。)

世界最大旅客機「A380」、初の長距離試験飛行に成功

 [シンガポール 11日 ロイター] 欧州航空機メーカー、エアバスは11日、世界最大旅客機「A380」の初の長距離試験飛行に成功した。
 南仏ツールーズ近郊のエアバス本社を出発した「A380」は12時間の飛行後、シンガポールのチャンギ空港に着陸した。

エアバスA380
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エアバスA380(Airbus A380)は欧州エアバス・インダストリー社によって製造される世界初の総2階建て、ターボファン4発の超大型旅客機である。

3614

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年11月 8日 (火)

ジェイエア機、フラップ故障

またJAL系列の航空機が故障しますた。
今度はジェイエア機のフラップが作動せず着陸直前に出発空港に引き返す羽目になりました。いつもいつも何をやっているんだか・・・(´・ω・`)

ジェイエア機、主翼フラップ作動せず名古屋に引き返す

 8日午前11時25分ごろ、山形空港の南15キロの上空(高度1100メートル)で、名古屋空港(小牧)発山形行きジェイエア4323便(ボンバルディアCRJ―200型機)の主翼フラップが作動しなくなった。

j-air山形空港の同型機
(撮影:Gonta)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

日航、経常赤字570億円に

 日本航空は7日、06年3月期連結決算の経常損益が当初予想の黒字290億円から、2期ぶりに570億円の赤字に陥るという業績予想の下方修正を発表した。

あれだけトラブルや事故を起こせば利用者の不信が積もって赤字になるのは当然でしょう。別に驚かないっっす。
頼むから赤字のツケを運賃値上げで利用者に回さないでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

佐賀バルーンフェスタ開幕

20051102-04075951-jijp-soci-view-001
「ゆったり・ぽっかり・まったり」
気持ち良さそうだなあ(^○^) 

<熱気球>佐賀バルーンフェスタ開幕 14カ国113機参加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 1日 (火)

田無高校への不時着事故 続報

呆れてなんも言えん様なったよ・・・orz
不時着の原因が燃料コックの切り替え忘れで「ガス欠」ってなによ(--〆)
そんな事で人命脅かされたんではたまらんわ。

エンジンに異常なし 不時着の機体を実況見分

 東京都西東京市の都立田無高校グラウンドに軽飛行機が不時着、3人が負傷した事故で、警視庁捜査1課と田無署は31日、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会と合同で機体をあらためて実況見分、その結果、エンジンなどに異常はなかったことが分かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月30日 (日)

DC10が日本の空から引退

DC10型機が引退へ=30年活躍、消える「3発機」-日航

 垂直尾翼の下にエンジンを搭載した形が特徴の日本航空DC10型機が31日、韓国・仁川発成田行きの便を最後に引退する。一時代を築いた名機だったが、新型機への更新を理由にその役割を終える。エンジン構成から「3発機」と呼ばれ、ファンに親しまれた機体は日本の航空会社から姿を消すことになった。

私が初めて外国に旅行した時に乗ったのがDC10型機でした。
垂直尾翼の下にエンジンの有る独特のスタイルでマニアに人気が有ったのですがもう日本のエアライン所有機から消えちゃうのはちょっと寂しいです。
日本での30年間ご苦労様でした。m(_ _)m

・・・・・・・DC10よ、サヨナラ(´・ω・`)/~~

と、感傷に浸っていたら、

エンジン後部の部品脱落? 全日空機が緊急着陸

 29日午後4時45分ごろ、鹿児島発羽田行き全日空628便ボーイング777が高知県沖の太平洋上を高度約1万メートルで飛行中、第2エンジンに不具合が生じたため、機長が同エンジンを停止させ、約30分後に大阪空港に緊急着陸した。乗客乗員190人にけがはなかった。

雰囲気ぶち壊しやん!(怒)
飛行機絡みの事故・トラブルばっかり多発して嫌になる((=-_- =))

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月29日 (土)

小型機が高校グランドに不時着

先日工事中の道路に強行不時着した小型機がありましたが、昨日は高校グランドに小型機が不時着しました。おまいらはなんでワザワザ人家を狙って落ちるんだよ(--〆)

不時着 自家用小型機が都立田無高校のグラウンドに

 28日午後4時25分ごろ、西東京市向台町の東京都立田無高校(八木正明校長、生徒数843人)の校庭に、訓練飛行中の自家用小型飛行機が不時着した。

【今日の続報】 ↓

飛行中にエンジン停止 警視庁、業過致傷で捜査

 東京都西東京市の都立田無高校のグラウンドに軽飛行機が不時着し、高校生ら3人が軽傷を負った事故で、同機は飛行中にエンジンが停止したことが29日、警視庁捜査1課と田無署の調べで分かった。

ニュースによると150km/h(約80ノット)で胴体着陸したそうですが、その速度で人にまともに当たったら即死だろ。
幸い直撃は免れて怪我人だけで済んで良かったと思います。

PS: エンジン停止で80ノットで突っ込むって・・・スローフライトの訓練やった事が無いのかよパイロットの中の人。エンジン停止状態でもフラップフルダウンで50ノットまで落として水平飛行出来るぞ?
★スピン寸前まで何度もこの訓練をやらされたよ俺 。緊張で冷や汗三斗・・・orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石原都知事も怒ってるよ・・・orz

日米軍再編協議について石原慎太郎東京都知事まで怒りだした模様です。

こんなに軋轢ばかりアチコチに作って軍再編なんて本当に実行出来るんか?
国のゴリ押しにそのまま大人しく従うほど国民は馬鹿じゃねえよ!
いつから社会主義国になったんだ「ZIPANG」は・・・o(`ω´*)o

在日米軍再編:横田基地「軍軍共用、話が違う」 石原知事、怒りあらわ

 石原慎太郎知事は28日の定例会見で、日米両政が在日米軍の基地再編協議の中で、横田基地について航空自衛隊航空総隊司令部との共同使用にすることで合意していることに触れ、「こういう形になったのは日本の外交力がいかに乏しいかの証左。(軍民共用化を目指す)都にとっては非常に不本意だ。しっかりしてもらいたい」と強い不快感を示した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月28日 (金)

横須賀に原子力空母配備

横須賀に原子力空母、初配備 米海軍、08年

 日米両政府は二十七日(日本時間二十八日)、神奈川県横須賀市を事実上の母港とする通常動力型空母キティホークが退役するのに伴い、後継として二〇〇八年にニミッツ級の原子力空母を配備することで合意した。原子力空母の日本配備は初めて。米海軍は「日本の防衛と極東の平和・安全の維持に資する」としているが、地元神奈川県や横須賀市は、通常動力型空母の配備を求めていただけに反発している。
 米海軍はニミッツ級原子力空母を九隻保有しているが、どの艦船を配備するかは明らかにしていない。

日米軍再編にあたってあちらこちらで地元との摩擦を起こしている日本政府。
今度は横須賀へのニミッツ級“原子力”空母配備を巡って揉めています。
元々は日本政府が地元との話し合いをしないまま勝手に事を進めたのが原因。
当然地元では反発が強まっています。

原子力空母受け入れ撤回を=横須賀市長が外務次官に

 神奈川県の蒲谷亮一横須賀市長は28日午後、外務省で谷内正太郎事務次官と会い、横須賀への米原子力空母配備を受け入れるとの政府の方針を撤回するよう求めた。

地元の意向を無視し、政府間だけで勝手に交渉を進めてきて「決まったので宜しく!」では到底受け入れ難いのは当たり前。そんな当たり前の事も分からん阿呆が日本の政治を仕切ってるかと思うと情けないね。
「郵政民営化反対」で選挙に出馬して当選、途端に「賛成」にまわる裏切り者が政治家やってんだから、政府が「馬耳東風」で地元の意見など聞く耳持たないで当たり前なんでしょうな。国民も舐められたもんだ!

先に決まった(“勝手に決められた”)沖縄の普天間飛行場移設についても地元では反発が強まっています。

地元沖縄は蚊帳の外、政府説明これから 「普天間」合意

 米軍普天間飛行場の移設問題は、曲折を経て「日米合意」にたどり着いた。米側が最終的に日本側の提案に譲歩したのは「日本政府が実現を約束した」(ローレス米国防副次官)ことが大きいが、この間の協議は沖縄県や名護市など地元を蚊帳の外に置いたまま行われた。第2幕となる「地元合意」を取り付けるのはこれからで、環境問題や飛行経路など説明すべきことは多く、先行きはなお険しい。

「平和だったらそれで国といえるのか?」(映画『亡国のイージス』より)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年10月26日 (水)

ヘタレや・・・。

毎度おなじみ(笑)全日空のDHC-8(大阪-高知)がまた故障しました。
車輪トラブルは持病みたいなもんだな。これで3度目の引き返しか?
ええかげんにせんと阪神が負けた怒りの矛先がいくでえ。o(`ω´*)o

全日空機が引き返す 同型機でトラブル相次ぐ

 26日午前7時15分ごろ、大阪空港を離陸した高知行き全日空1601便ボンバルディアDHC8(乗客乗員35人)が上昇中に車輪を収納できず、同機は大阪空港へ引き返し約10分後に着陸した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電源ダウン調査結果公表(羽田空港)

「異常信号で電源ダウン」 羽田トラブルで国交省

 羽田空港で8月、航空管制関係の電源がダウンし、管制システムが約1時間使えなくなったトラブルについて、調査を進めていた国土交通省は26日「電源関連の工事中に原因不明の異常信号が流れたためブレーカーが落ちた可能性が高い」とする結果を公表した。

今年8月2日に羽田空港で起きた電源ダウンによる管制機能麻痺事故に対する調査結果が出ました。(事故の概要については当ブログでも『羽田空港管制システムダウン』という記事を書いています)
異常信号が流れてブレーカが落ちたのは分かりました。しかし、肝心の異常信号が流れた原因が“不明”って・・・ほとんど意味の無い調査結果だよ。原因が分からなかったらまた再発する事も否定出来ないのでは? トラブルが起きたら、【原因→対策→結果】 の手順で確認しないと意味が無いですぜ(--;)

羽田空港長が処分されるもよう...orz

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月24日 (月)

航空評論家 関川栄一郎氏死去

関川さんお亡くなりになられたんですね・・・(つД`)
月刊「航空情報」の編集長をしていた時から存じていただけにガンで逝ってしまうとは残念です。ご冥福をお祈り致します.....。

航空事故評論の第一人者、関川栄一郎さんが死去

 関川 栄一郎さん(せきがわ・えいいちろう=航空評論家)は18日、がんで死去、79歳。通夜と葬儀は近親者で済ませた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月22日 (土)

道路工事現場に航空機が・・・

金沢市の道路工事現場にパイパーカブが不時着する事故がありました。
幸い怪我人などは居ませんでしたが工事車両が破損したとの事。

飛行場でもない場所(舗装済の道路は滑走路に似てなくもないが)にイキナリ降ろしたら危ないだろうが! 人が居るのにどこ見てんだよ!(--〆)
昼飯食っていた作業員は、Σ(゚∀゚;) ←多分こんな顔で見てたんだろうな・・・。

外国では高速道路に不時着したという話は聞いた事がありますが日本では前代未聞じゃないかな? 

<不時着>小型飛行機が住宅地の工事中道路に

 21日午後1時5分ごろ、金沢市窪3で建設工事中の4車線の道路(幅約25メートル)に、1人乗りの小型飛行機=米国パイパー社製J3C―65型=が不時着した。操縦していた英国人のモーリス・ジョン・カークさん(60)が手や足に軽いけがをして市内の病院に運ばれた。不時着の際、工事用車両3台に衝突したが、住民や工事関係者らにけがはなかった。石川県警が不時着の原因を調べている。また国土交通省航空・鉄道事故調査委員会は調査官2人を現場に派遣した。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月21日 (金)

羽田空港ILSに混信電波【続報】

先の羽田空港A滑走路ILS周波数に米軍艦艇のものと思われる通信が混信したトラブルで、国土交通省の照会に応じて米軍側から「調査する」旨の回答がありました。
在日米軍司令官殿より「民間機の安全に支障をきたす事象が起きたことについて、在日米軍として真剣に受け止める」とするコメントを頂いております。
まずは一歩前進です。
調査結果がいつ出されるかですが、この調子だと意外と早く出るかもしれませんね。

在日米軍が発信源調査開始 羽田空港の混信電波で

 羽田空港の着陸機に滑走路までの距離を知らせる装置が混信電波で一時使用できなくなったトラブルで、在日米軍は18日、混信電波の発信源について調査を開始したと発表した。

もう一つ関連ニュースとして、国土交通省から米軍側に羽田空港での使用周波数リストを提供したとのニュースがありました。
日本に来る米軍航空機は日本を含むアジア・オセアニアの飛行場のデーターブック(ILS周波数も載っています)を既に所持していますので今回の提供は米艦艇用だと思われます。
逆に、米軍使用の無線周波数データーは日本側には提供されない模様。
組織が組織ですので当然でしょうね。

羽田の周波数を米軍に提出 混信トラブル受け国交省

 羽田空港の着陸機に滑走路までの距離を知らせる装置が、混信電波で一時使用できなくなったトラブルを受け、国土交通省は20日までに、羽田で使用する電波の周波数などの一覧表を在日米軍と防衛庁に提出、再発防止への協力を要請した。

へっ? 防衛庁って羽田空港の周波数知らなかったのか?
んなこたあねえだろ・・・・・あったりして・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月19日 (水)

宇宙旅行斡旋に参入続々

宇宙旅行を斡旋する業者が増えていますね。
弾道飛行1100万円はともかく、宇宙ステーション滞在や月旅行はまだ庶民には高嶺の花です。手の届く金額になったら宇宙から地球を眺めてみたいなあ・・・(*^。^*)
余生は宇宙で暮らすなんてのも良いかも。

宇宙旅行 夢が現実味、気になるお値段は?

 夢の宇宙旅行が現実味を帯びてきた。今月に入って旅行業大手のJTBが月旅行を含む宇宙旅行の販売を開始。ライブドアの堀江貴文社長もこの分野への参入を表明した。気になるお値段は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月18日 (火)

DME表示異常で羽田空港大混乱

昨日(17日)の朝の出来事ですが、羽田空港A滑走路VOR/DMEのDME表示が異常になった為に約3時間に渡ってA滑走路を閉鎖、航空機の着陸がC滑走路のみ(B滑走路は工事の為13日から閉鎖中)となる異常事態となりました。
この影響で着陸便に最大1時間半の遅れが発生したとの事。

変な形でB滑走路閉鎖の影響が出てしまいましたね・・・・(^^;)

違法電波で羽田空港の50便遅れ 滑走路、約3時間閉鎖

 17日午前9時ごろ、羽田空港のA滑走路で、着陸機に滑走路までの距離を知らせる「距離測定装置」が異常値を示すようになった。違法な電波の影響とみられ、国土交通省はA滑走路を同11時45分ごろまで閉鎖した。この影響で、日本航空や全日空の着陸便約50便が最大1時間遅れた。

総務省関東総合通信局(旧・電波監理局)で妨害電波の発信源を探ったところ、横須賀基地の米艦艇が発信源ではないかと判断したみたいですが、米艦隊の艦船が発信源だった場合に日本の電波法令で規制出来るのか否か?です。

羽田の違法電波、過去にも2回 国交省、米軍に照会せず

 17日午前、外部からの違法電波が原因で着陸機が滑走路までの距離を測る装置(DME)が異常値を示した羽田空港で、同様の違法電波が今月10日と昨年10月にも受信されていたことが分かった。国土交通省はこの日を含め、3回とも在日米軍横須賀基地(神奈川県)の艦船から発信された可能性が高いと見ている。しかし、これまで「発信源が特定できない」として米軍への確認などをしていなかった。

放っておいても良い問題ではないので何らかの交渉なり対策を立てる必要がありそうですね。妨害が入る度に空港が混乱してちゃ堪らないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月15日 (土)

非常脱出装置OFFってなんでだろ?

離陸前に確認してONになっていたはずの非常用脱出装置がいつの間にかOFFになっていたまさかのミステリー。13日の全日空便で実際に起こった出来事です。

CAさんのチェック漏れでなければ乗客のイタズラか?
仮にイタズラだったとしたら悪質ですね。
離陸前にCAさんがドアのチェックをしているのを見ていると誰でも出来そうなセット操作ですので、その気になればOFFにする事も可能に思えます。
問題は周囲の人の目がある中で実行できるか否かですが・・・(^_^;)

OFFになった本当の原因は何なのでしょうか? 続報が知りたいです。

全日空機、2カ所の非常用脱出装置が作動せず

 13日の羽田発那覇行き全日空125便(ボーイング747―400型、乗客乗員計550人)で、2カ所の非常用脱出装置が作動しない状態になっていたことが分かった。複数の客室乗務員が作動する状態になっていることを離陸前に確認しており、全日空が原因を調べている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月14日 (金)

羽田空港B滑走路を2ヶ月間閉鎖

羽田空港滑走路、3本のうち1本を短期集中工事で閉鎖

 羽田空港に新滑走路を建設する再拡張事業を巡り、国土交通省は13日、現在3本ある滑走路のうち1本を全面閉鎖して誘導路などを建設する集中工事を開始した。
作業は1日24時間休みなく続け、2か月後の今年12月に完了する。

横風用のB滑走路を閉鎖するみたいですが大丈夫なんでしょうか?
横から風を受けながらA・C滑走路に着陸するのはパイロットにとってストレスが溜まりそうな気がします。
軽飛行機で経験済みですが、横風を受けて風上に機首を向けながら滑走路に着地するのって大変なんだよね。右からの横風だと、着地まで踏んでいた右ラダーを着地と同時に踏み変えて左ラダーを踏んだり、左に切っていたエルロンを右に切り返したりしないと滑走路から逸脱しますので疲れます(^^;)

工事終了までB滑走路閉鎖の影響が出ない事を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月12日 (水)

陸自コブラ墜落事故の中間報告

9月18日に佐世保市相浦駐屯地で墜落したAH-1Sの事故原因中間報告が発表されました。機体の問題ではなく人的要因が墜落原因と判断し13日から飛行訓練を再開するとの事。

ただし、イベント時の展示飛行は編隊による水平飛行のみに限定し、陸自西部方面総監部管轄(九州です)のみは当分飛行自粛継続だそうです^^;
低空での機首下げローパスはもうしばらく観られないのか・・(´・ω・`)ガッカリ
年明けには再開出来ると良いなあ~。

事故は人的要因の可能性 陸自ヘリ墜落で中間報告

 陸上自衛隊の対戦車ヘリコプターAH1が9月に長崎県佐世保市の陸自相浦駐屯地に墜落した事故で、防衛庁陸上幕僚監部と西部方面隊の事故調査委員会は12日会見し、「事故は人的要因による可能性が高い」とする中間報告を発表した。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月10日 (月)

また車輪ランプの表示トラブル(全日空)

全日空機、表示異常で引き返す 中部国際空港

 9日午後2時25分ごろ、中部国際空港(愛知県常滑市)を離陸直後の全日空1429便新千歳行き、ボーイング737型機(乗員、乗客23人)で、後輪を機体に収納したことを示す表示が出ず、同機は約35分後に中部空港に引き返した。けが人はなく、乗客は後続便に乗り換えた。

車輪表示トラブルと聞いて「またDHC-8か?」と思いましたよ。(既にトラウマ)
全日空1429便は臨時便との事ですが、故障して欠航になったんでは何の為の臨時便なんだか・・・(笑)
どっちにしても乗客23人では採算が取れなかったでしょうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 8日 (土)

そりゃ怒るは

関空発カナダ機、連日の不具合 100人搭乗キャンセル

 関西空港発カナダ・バンクーバー行きのエアカナダ40D便(ボーイング767―300型、乗客乗員計142人)が7日午後3時40分ごろ、不具合のため成田空港に着陸した。
 この飛行機は6日に関空を出発したが、同様のトラブルで関空に引き返し、出発を7日に延期していた。

2日続けて同じ機体が同じ箇所の故障で目的地に行けないのでは乗客が怒るのは当然です。青木さやか嬢じゃないけど“整備の人、どこ見てんのよ!”
マシントラブルは皆無にはならないでしょうが、同じトラブルを2度繰り返さないのがプロの仕事じゃないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

日航乱気流事故の調査報告書

もう一つ日航関連ニュースを。

昨年の9月に高知沖で乱気流に突っ込んだ!(と表現させて貰います。詳しくは報告書をお読み下さい)日航機MD-90の事故調査報告書が公表されました。
この事故で3人が火傷等の怪我をしたのですが、その際の日航側対応には「問題あり」として報告書に述べられています。
確かに、火傷した乗客が救急車での搬送を求めているのに、「タクシーで行ってください。」と言った日航の態度には問題ありですね。呆れます(ーー;)

事故調査報告書はこちらで読む事が出来ます(PDFファイル有り)↓
http://araic.assistmicro.co.jp/araic/aircraft/kensaku/detail.asp?ID=1809

ニュースはこちら↓

<日航機乱気流事故>機長らの責任指摘 事故調報告書

 鹿児島発大阪行きの日本航空機が昨年9月、乱気流で揺れ、機内サービスの熱湯がこぼれて乗客3人がやけどを負った事故で、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会は30日、「機長らが機上レーダーを積極的に活用せず、地上の運航管理者も気象情報の提供が不十分で乱気流を回避できなかった」とする報告書を公表した。客室乗務員らの対応についても「判断の甘さや客室マニュアルの不備もあり、救急車を手配しないなど対応が遅れた」と指摘した。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日航、123便機体部品保存に方針転換

1985年に群馬県で墜落した日本航空123便の残存機体部品が保存される事になりました。
当初は廃棄する方針だった日航ですが、遺族からの強い要望などもあり、事故の記憶を風化させない為にも廃棄せずに保存する事を決定。
事故の悲惨さを物語るメモリアルとして今後の安全運航に活かして頂きたいものです。

<日航機墜落事故>残存機体部品保存へ 「廃棄」方針を変更

 日本航空は30日、85年のジャンボ機墜落事故で回収した尾翼など残存機体部品について、「廃棄する」としてきた従来の方針を変更し、保存を続けると公表した。新町敏行社長は会見で「事故20年の節目であり、安全上のトラブルを続発させた反省から、事故を風化させない意志を持つため決めた」と述べた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月27日 (火)

フライトプラン承認受けずに離陸(日航)

8月に新潟空港で飛行計画の承認を受けずに離陸するというミスを犯した日本航空ですが、同じミスを今度は宮崎空港で演じてくれました。

いつもの慣れた手順に潜む落とし穴でしょうか。
気が緩んでるとしか言いようが無いですね。(ーー;)

JAL機、飛行計画の承認なく離陸 機長、管制官も失念

 宮崎空港で23日、福岡行きの日本航空3636便(MD81型、乗客乗員計45人)が、管制官から飛行計画の承認を受けずに離陸していたことが26日、分かった。計画は経路や高度を便ごとにまとめたもので、機長と管制官の双方が、離陸前に計画承認を確認することになっているが、いずれも忘れていた。8月16日にも新潟空港で日航機を巡って同様のトラブルが起きており、国土交通省と日航は26日、幹部が相次いで謝罪会見を開き、再発防止の徹底を強調した。

> 機長は上昇中の同54分ごろ、別のレーダー管制官とのやりとりの中で計画の承認を受けていないことに気づき

って、君たちはトランスポンダーにスコークコードを設定しないで飛び立ったんですか?
(多分アンノン機【識別コードなし】としてレーダーには表示されていたはず。)

  • スコークコードはフライトプラン承認時に管制官から知らされます。ですので承認が無ければ当然スコークコードは未設定です。

正・副操縦士、管制官と3人の人間がいて誰もミスに気がつかないというのも怖い話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月24日 (土)

AH-1S墜落事故調査結果

佐世保市の相浦駐屯地でのコブラ墜落原因が発表されました。
“操縦ミス”との見解ですが、「なぜ低空で旋回を始めたのか?」という事に関しての追求はしなかったんでしょうかね(・・? (調査報告書には載せるのかも)
この発表を受けて、当初考えられていた【機体構造の欠陥】との見方が消えましたので、予想より早く飛行が再開される見通しとなりました。

低空旋回、操縦ミス原因との見方強まる 陸自ヘリ墜落

 長崎県佐世保市の陸上自衛隊相浦(あいのうら)駐屯地で18日に起きた対戦車ヘリAH1Sの墜落事故で、事故機が操縦マニュアルで定められた安全高度を下回る低高度で旋回飛行をしていたことが23日、分かった。機体の構造や整備上の問題を疑わせる異常は浮かんでおらず、防衛庁陸上幕僚監部の事故調査委員会は、乗員による操縦ミスが原因との見方を強めている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年9月20日 (火)

AH-1S墜落!(続報)

ヘリ墜落現場 事故調が検証

 長崎県佐世保市の陸上自衛隊相浦駐屯地で対戦車ヘリコプター(AH―1S)が墜落した事故で、防衛庁陸上幕僚監部の事故調査委員会(委員長・広瀬誠陸幕副長)は十九日、現場検証を始めた。また、陸自西部方面航空隊の川口博司隊長は同日の記者会見で、事故原因が解明されるまで、全国に配備中の同型機八十五機の飛行を中止したことを明らかにした。

墜落した瞬間を撮影した映像を見ると、ローターのサイクリック・コントロールとラダー操作で必死に立て直そうとしているのが確認出来ますが、既にローターは失速していて揚力は無くなっている様に見えますね。
それにしても、地面に接触したローターが根元から飛び散っていないのはさすが軍用ヘリだけある。片ローターになったら機体そのものが振り回されて多分コントロール出来ないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月19日 (月)

うほっ! 幻想的な写真だね

普段ニュースになる航空写真はロクな物が無い(事故・トラブル)のでこういう風景写真は眼に優しいですね。
機上の乗客も中秋の名月を十分堪能されたのでは。
Wonderful every day must come.

中秋の名月、満月に飛行機はお邪魔かな

 中秋の名月の18日夜、東京・羽田空港では、着陸態勢に入った飛行機と大きな満月が幻想的な景観を作り出した

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年9月18日 (日)

AH-1S墜落!

陸上自衛隊の駐屯地公開の最中に観衆の目の前でCOBRAが墜落しました。
状況から察すると右旋回の機動飛行中にサイドスリップでそのまま地面に落ちた模様です。バンク角の限界を超えてしまったんでしょうか?
映像を観ると旋回中に高度が落ちていますね。普通は左ラダーを踏み込んで高度を維持しながら旋回するのですが・・・。

観客の前で醜態を晒したとはなんともお気の毒・・。
低空飛行中で観客に怪我人も出なくて幸いでした。

陸自ヘリ、駐屯地内で墜落 乗員2人無事 長崎・佐世保

snapshot20050919000600 18日午前11時半ごろ、長崎県佐世保市大潟町の陸上自衛隊相浦駐屯地内で、対戦車ヘリコプターAH1Sが墜落した。乗員2人にけがはなかった。
駐屯地は事故当時、創立50周年の記念行事中で、市民ら約2千人の観客がいたが、けが人は出ていないという。

ah-1s【参考画像】
画像は木更津(第Ⅳ対戦車ヘリコプター隊)のAH-1S。
今回の事故とは無関係の機体です。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年9月16日 (金)

またですか? 全日空機故障

全日空機がまた機体トラブル 大阪空港へ引き返す

 16日午前9時35分ごろ、大阪空港を離陸直後の高知行き全日空1605便(ボンバルディアDHC8―400型機、乗客・乗員61人)で、機体左側の車輪の格納扉が閉まると消えるはずの計器表示が、点灯したままになった。

この機体は13日に前輪格納庫扉が閉まらなくなった機体と同じです・・。
どこでも在りますよね。年中トラブって完全に直らず騙し騙し使っているマシンって。
巷ではこういうのを「ボロ!」と言う(いわね?)
蹴ったりすると直る場合があります(オイオイ・・)
ベテランになると的確な場所を蹴る事が出来ますが、修行が足りないと余計症状を悪化させますので御注意下さい。

*「蹴る」の件は冗談で書いていますのでくれぐれも実戦しない様に・・。

同じ機体で何度も似たようなトラブルが起きると利用者の信用無くしますよANA殿!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月14日 (水)

全日空のDHC-8また故障

全日空同型機の故障が最近多いですね。
熱いタービンブレードを撒き散らして怪我人を出す様な事故にならないだけマシですけど。

高知行き全日空機の前輪格納扉が閉まらず

 13日午後2時ごろ、大阪空港を離陸した高知行き全日空1615便(ボンバルディアDHC8―400型機、乗客・乗員44人)で、前輪の格納扉が閉まらなくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月13日 (火)

こういうトラブルもあるんだね・・。

機長審査不合格で欠航 アイベックスエアラインズ

 小型機を運航しているアイベックスエアラインズ(東京)は12日、ボンバルディアCRJ200(50席)の機長1人が、航空法で義務付けられた定期技能審査で不合格になり、運航乗務員が確保できないため13日から26日にかけ計10便が欠航することを明らかにした。
 国土交通省によると、定期技能審査は年2回受けるが、不合格になるのは珍しいという。

パイロットが検査で不合格になった為に定期便が欠航するなんて前代未聞かな?
試験不合格を隠して操縦されるのも困るので欠航もやむをえない事ですが、一人抜けただけで補充が出来ないなんて乗務員数に余裕なさ過ぎなのでは?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年9月12日 (月)

荷物検査システム故障(羽田空港)

羽田空港の荷物検査システムが故障して全日空と北海道国際航空合わせて140便の遅れ、2便が欠航と空のダイヤが乱れた1日でした。
コンピューターシステムのトラブルとの事ですが原因は何だったのでしょう?

羽田で荷物検査システム故障 欠航、遅れで2万人に影響

 12日午前7時ごろ、東京・羽田空港の第2旅客ターミナルビルで、機内預かり荷物を検査するコンピューターシステムが故障した。荷物を自動的に各便に振り分けることができなくなり、同ターミナルを利用する全日本空輸と北海道国際航空(エア・ドゥ)の出発便で欠航や遅れが出た。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年9月 9日 (金)

F15が機動訓練中に接触(航空自衛隊)

ちょっと(かなり^^;)遅いですが、6日に接触事故を起こしたF15のニュースを覚書として書いて置きます。

事故があったのは6日午前

<空自戦闘機>訓練中のF15同士が接触事故

 6日午前10時10分ごろ、北海道積丹半島北西沖の海上で戦闘訓練中のF15戦闘機2機が接触。同10時半すぎ、2機は所属する千歳基地(北海道千歳市)に相次いで帰還、緊急着陸した。1機は右水平尾翼の一部と胴体の燃料タンクを、もう1機はキャノピー(操縦席の防風覆い)や左垂直尾翼をそれぞれ破損した。F15は1人乗りで、パイロット2人にけがはなかった。

空自機接触事故でタンクの一部落下、被害報告はなし

 北海道千歳市の航空自衛隊千歳基地に所属するF15J戦闘機2機が日本海上空で接触した事故で、航空幕僚監部は6日、事故機が帰還する途中、1機から燃料タンクのアルミ合金の金属片(約30センチ×30センチ)が同基地の西北西約23キロの紋別岳付近に落下したことを明らかにした。

航空自衛隊では次の文書を公式サイトにて発表。

(お知らせ)

平成17年9月 6日
F-15戦闘機の緊急着陸について

1 発生日時
 17.9.6(火)10:10頃

2 発生場所
 北海道北西海上訓練空域内

3 部隊名
 第2航空団(千歳基地所属)

4 操縦者、階級、氏名
 1番機 小林1尉
 2番機 原田3尉

5 内容の概要
 1010頃 飛行訓練中のF-15J型機2機が空中にて接触し、機体の一部を損傷したため千歳基地に緊急着陸した。

 1034:1番機着陸
 1044:2番機着陸

7 死傷、損害の程度
 (1)1番機: 右水平尾翼一部破損及びセンタータンク前方破損
 (2)2番機:キャノピー及び左垂直尾翼破損

細部は調査中

7日になって航空自衛隊が事故機を報道陣に公開しました。

接触事故のF15を公開 空自が千歳基地で

北海道の日本海上空で6日、航空自衛隊第2航空団(北海道千歳市)のF15戦闘機2機が接触した事故で、空自は7日、事故機を千歳基地で報道陣に公開した。

9日に航空幕僚長の会見が行われ操縦ミスの可能性を認める。

<空自戦闘機>接触事故は操縦ミスの可能性

 航空自衛隊のF15戦闘機2機が6日、訓練中に接触・破損した事故の原因について、吉田正・航空幕僚長は9日の会見で、パイロットの操縦ミスの可能性が高いことを認めた。

一歩間違えたら2名の殉職者が出ていたかもしれない今回の事故。
機体の破損だけで済んだのは不幸中の幸いでした。
民間にも被害が無くてホッとしています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年9月 8日 (木)

ジャルエクスプレス、乱気流でCA負傷

客室乗務員が客室サービスの後片付け中に乱気流に巻き込まれて怪我をした模様。

客室業務員にも危険が有りそうなひどい乱気流が予想される時は「ベルト着用」ランプ点灯と共に「サービス中止。乗務員もベルト着用」の合図がコックピットから出されるはずですが、その合図は無かったのでしょうか? この時間だと台風14号の影響で大気も不安定そうですね。

私も台風通過後に乗った経験が有りますが、本当に酷い乱気流の時はサービスを打ち切って客室乗務員も全員着席してましたね。エアポケットに入ったりするとベルト無しだと体が浮きました。食事直後だったので気分が・・・凹。

JAL系機、乱気流に入り乗員2人けが 駿河湾上空で

 7日午後7時55分ごろ、静岡県の駿河湾上空を飛行中の仙台発大阪(伊丹)行きジャルエクスプレス(JEX)2210便(乗員7人乗客38人、DC9―81型機)が乱気流に巻き込まれ、女性客室乗務員2人が頭や手首に軽いけがをした。乗客にけがはなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 3日 (土)

青森上空で海自機と米軍機がニアミス

海自練習機、青森でニアミス 米軍機か、国交省に報告

 青森県上空で1日午後、海上自衛隊徳島教育航空群所属の練習機TC90に、米軍のF16と見られる戦闘機が異常接近(ニアミス)したとして、海自の機長が2日、航空法に基づいて国土交通省に報告した。

場所から考えて三沢基地のF16でしょう。
考えたくないがF16が「海自機を仮想敵機に見立てて訓練していた」なんて事は無いでしょうね? そう言う噂を聞いた事があるもので・・・。
フライトプランも出さずに飛ぶので国土交通省の管制レーダーでも米軍機は捕らえにくいのが現実。日米安保協定の弊害が出ていますね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年9月 1日 (木)

米軍の軍事演習シミュレーション

 31年間にわたり、夏が来るたびに繰り返されている「作戦」が今年も始まった。北朝鮮軍の兵士数十万人が北緯38度付近の軍事境界線を越えて韓国の首都ソウルに押し寄せ、これを受けた在韓米軍と韓国軍が急遽出動し、北朝鮮軍を迎え撃つ。

 幸いなことに、北朝鮮軍の韓国侵攻は現実の話ではなく、米国と韓国が毎年実施している世界最大規模の軍事合同演習で、北朝鮮軍を仮想敵に設定しているのだ。米韓両軍はこの演習に数千人もの現実の兵士を動員しているうえに、なお、バーチャル環境で数千の追加の兵士、および軍用機を「配備」している。

上の例のような北の国からの侵攻に対処するだけでなく、バグダット中心部に終結する武装勢力に対する空爆などもシミュレートしながら演習を行っているみたいです。

実際に何千人規模もの部隊を動かすのは費用の面からも難しいので、実部隊に追加してバーチャル部隊を配備し軍事演習する事は有効な手段とされています。
ただ、今モニターに見えている部隊が実部隊なのかバーチャル部隊なのかを把握していないとややこしい事になりますね。
実機の航空機が燃料補給を要求しているのにバーチャルの空中給油機を差し向けたとか(笑) そこまでマヌケではないと信じていますが。

米軍の軍事演習シミュレーションレポートは下のサイトで読めます。
興味のある方はどうぞ。

シミュレーション化が進む米国の軍事演習(上)
シミュレーション化が進む米国の軍事演習(下)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年8月31日 (水)

日航機コックピット機器故障相次ぐ

日航機の操縦席にある機器類が2日連続で故障(無線機)または異常表示(警告灯)になっています。どちらもMD90型機ですね。
2系統ある受信機が同時に両方壊れる事ってあるのか?
VHF受信アンテナが破損すれば考えられないこともないが・・。

日航機の計器が誤表示 伊丹に着陸、一部交換し離陸

 30日午前8時20分ごろ、滋賀県上空付近を飛行中の羽田発山口宇部空港行き日本航空1641便(MD―90型機、乗員乗客74人)で、水平尾翼の昇降舵(だ)が左右で異なる動きをしていることを示す警告が計器に表示された。

日航機で無線トラブル 2系統とも受信不能に

 大津市上空で30日午後5時半ごろ、羽田発山口宇部行きの日本航空1647便(MD90型、乗客乗員計123人)で、操縦席にある管制用無線が2系統とも受信不能になった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年8月30日 (火)

全日空操縦マニュアル窃盗犯逮捕

8月16日に投稿した"盗品マニュアル(運航規定)を出品、逮捕"の続報です。

「運航規定」等の窃盗犯人は全日空勤務の現職機長でした。
盗難場所が場所だけに内部犯行である事は疑いようが無かったのですが、まさかパイロットとは思いませんでした。
不惑の年を越えた男のやる事じゃないです。情けない・・・(ーー;)

全日空機長を逮捕 操縦マニュアル盗んだ疑い

 全日空のジャンボ機の操縦マニュアルがインターネット上で売られていた事件で、マニュアルを盗んで販売元の男に渡していたとして、警視庁は30日、同社の機長・安江浩介容疑者(42)=横浜市都筑区中川1丁目=を窃盗容疑で逮捕した。副操縦士の制服など計15品目を渡して50万円を受け取っていたといい、「遊興費が欲しかった」などと供述しているという。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年8月27日 (土)

旧日本軍がB29機密文書を所持

旧満州で撃墜された米国のB29機密文書を旧日本軍が所持していた事がこのほど明らかになった。

B29機密、旧日本軍入手 本土爆撃激化前に旧満州で

 第2次大戦で米軍による国内への空襲が本格化する直前、旧日本軍が新型爆撃機B29の編隊の運用方法などの機密情報を入手していたことが明らかになった。愛知県立大の倉橋正直教授(中国近現代史)が中国・吉林省の公文書館にあたる「档案館(とうあんかん)」が保存していた関東軍憲兵隊の内部文書を入手、分析した。

敵機に関する重要な資料であるが、この情報を基に内地で対策が練られたかどうかは甚だ疑問である。当時の軍内部の状態は情報を上手く生かせるような体制にはなっていなかったみたいですし。
仮にこれを上手く活用出来たとしても戦局が著しく好転したとは思えないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月24日 (水)

羽田、成田空港の空域管理一元化

羽田と成田空港の混雑解消を目的に空域管理が一元化されるみたいです。

周囲に米軍基地(横田)や航空自衛隊(百里基地)を持つ両空港、その間に設けられたお互いの管制空域は複雑な運航を強いられているのが現状。

空域管理一元化が実現すれば羽田や成田の離発着便が互いの空域に自由に(指示されればですが)出入り出来るわけですから、ラッシュ時に東京湾上空の狭い空域で列を作って順番待ちしていた航空機同士を房総半島の東側(従来の成田管制空域)の太平洋上も使って余裕のある間隔に割り振り出来る事になりますね。
航空管制の安全上もその効果が期待出来そうです。

羽田・成田、空の管理一元化 09年めど

 国土交通省は羽田空港と成田空港がそれぞれ民間機の管制を担当している空域を09年をめどに一元化することを決めた。両空域は自衛隊と米軍の空域に挟まれて狭い上、発着便が互いの空域を行き来できないため、発着数の制限や遅延の原因になっている。一元化によって首都圏上空の混雑解消をめざし、航空需要増に対応する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月23日 (火)

日航機、飛行中に燃料キャップ落とす?

ロサンゼルス発の日航機が成田空港到着後の点検で燃料給油口のキャップが無くなっているのを発見。「そりゃ大変!」と成田空港の滑走路を一時閉鎖してのキャップ探し。
結局燃料キャップは見つからず、飛行中に落下したものと推察された模様。

日航機は物を落とすのが得意技の様で・・(--;)

給油口キャップが紛失=米国発成田着の日航機

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月21日 (日)

親亀の背中に小亀を載せて S.シャトル空輸

oyagamekogame野口さんらの宇宙での任務を終えて先日帰還した「スペースシャトル・ディスカバリー」が、エドワード空軍基地からケネディ宇宙センターに空輸されました。
ボーイング747型機の背中に載った姿はまさに「親亀小亀」そのもので、どことなく微笑ましさを感じますね。(*^_^*)


で・・・スペースシャトルは自力で離着陸飛行は出来ないんだっけ?
トレーラーで運んだり、今回の様に“背負って”運ぶのは見た事があるけど自力で航行したという話は私の知る範囲では聞いた事が無いような気がする。
どなたかご存じないでしょうか?(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月16日 (火)

盗品マニュアル(運航規定)を出品、逮捕

全日空から盗まれたB747機「運航規定」を含む6冊をオークションに出品したとして航空用品販売店店員が逮捕されました。

全日空ジャンボ機マニュアル自習室から盗難、ネットに

 全日空のジャンボ機の操縦マニュアルなどを不正に入手し、「これで(ジャンボ機を)飛ばすことができます」とネットオークションに出品、販売したとして、警視庁東京空港署は15日、東京都江東区東陽1、航空関連グッズ店店員三上宣吉容疑者(21)を盗品等処分あっせんの疑いで逮捕した。

 調べによると、三上容疑者は先月19日、全日空がパイロット用に作成したボーイング747―400型機の「運用規程」などを競売サイト「ヤフー・オークション」に出品した疑い。

問題になっている「運航規定」、社員しか出入り出来ない自習室から盗まれたそうですので持ち出したのはどう考えても関係者でしょう。
暫らく前に起きた新制服持ち去り事件といい今回の事件といい、全日空は物品の管理が甘いですね。

余談ですが、「運航規定」は航空機のコックピットにも常備されています。

実物をご覧になると分かりますが(って言っても一般人が簡単に閲覧できる代物ではありませんけど)運航に関して一応の手順は記載してありますがこれだけで航空機を飛ばすのはハッキリ言って無理です(笑)
専門用語のオンパレードですし、計器盤・操作スイッチの場所を知らないとエンジンスタートすら不可能です。ピストンエンジンの軽飛行機すら操縦したことの無い者にはジェットエンジン機は動かせません。(キッパリ!!)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年8月14日 (日)

JALウェイズ機の部品バラ撒き続報

空から焼けたタービンブレードが降ってくる・・・。

焼夷弾じゃあるまいし、そんな物がバラバラになって落下してくるなんて普通は夢にも思いません。なぜそんな事態になったのか?
事故原因解明にむけて関係者の調査が行われています。

JAL系機、エンジンブレード損傷 回転乱れ異常燃焼か

 福岡空港から離陸したJALウェイズ機(DC10―40型機)のエンジンから火が出て、地上に金属片が多数落下した事故で、日本航空は13日、内視鏡でエンジン内部を調べた結果、後方にあるタービンのブレード(羽根)に損傷が見つかったことを明らかにした。落下した金属片は同ブレードの破片とみられ、これまでに見つかったのは約600個にのぼる。日航は米国のエンジンメーカーとともに、ブレードが破損した原因を調べる。

このニュースの中で気になったのがこの文章。

 国土交通省は今年5月、同型エンジンについて、米国のエンジンメーカーを通じ、米連邦航空局(FAA)から、静翼の根元の部品が破損する恐れがあるとの連絡を受けた。6月、日航など各社に部品交換などの対策を指示する耐空性改善通報(TCD)を出した。日航は2010年までに部品を交換すると届け出て、国交省が了承していた。

 また、日航の同型機は01年6月、名古屋空港を離陸直後にブレードが破損して飛び散る同様のトラブルを起こしている。

2010年? あと5年もありますが・・・。本当に直す気が有ったんでしょうか?
どうせDC-10はまもなく退役と読んでの事だったら考え方が甘かったといわざるを得ません。問題児日航の届出をそのまま了承する国土交通省も???

怪我人のみで死者が出なかったのは運が良かっただけの様です。
             ↓

JAL系機、落下金属片は600個 直撃なら死亡も

 福岡空港を離陸したJALウェイズ機のエンジンから火が出て、部品の金属片が多数落下した事故で、福岡県警は13日午後も捜索と実況見分を続けた。見つかった金属片は約600個に上った。大きさは最大3センチ四方で、けが人も2人だったが、航空専門家は「一歩間違えば、死者が出ていてもおかしくなかった」と危険性を指摘している。

タービンブレードが人を直撃したら・・・リアルなホラー映画では済まないぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年8月13日 (土)

「あれから20年の日」に日航が・・もう逝って良し

日本航空123便が群馬県で墜落した1985年08月12日から丁度20年目の昨日、犠牲者の冥福を祈って静かに過ぎるはずだったのだが・・・。

こらーーボケ日航! なにしとんねん!
「エンジン炎上、住宅地に部品落下」って...情けなくてコメントのしようがねえ..orz
おまいらは事故犠牲者の慰霊の日ぐらいまともに飛べんのか?!

・・・・・日航逝っていいよ。

期待を裏切り続ける日本航空に甘い期待はもう抱かない。
はたからごちゃごちゃ言っても当の日航にやる気が無ければ「暖簾に腕押し」「ぬかに釘」「蛙のツラに小便」って事です。「仏の顔も3度まで」とも言うし。

引き返しの日航機から部品落下 福岡市内に金属片散乱

 12日午後7時50分ごろ、福岡空港発ホノルル行きJALウェイズ58便(DC10―40型機、乗員乗客計229人)が離陸直後、左翼の第1エンジンから炎を噴き出し、同8時20分ごろ福岡空港に引き返し、着陸した。乗員乗客にけがはなかったが、航路の下にあたる福岡市東区の住宅地に、同機の部品の金属片が数十個落下。福岡県警によると、落下した金属片が当たったり、熱い金属片に触ったりした5人が病院で診療を受けた。国土交通省は同日、航空局に対策本部を設置した。

エンジン炎上、乗客「墜落すると思った」 日航系機事故

 福岡市の上空で12日夜、日航グループ・JALウェイズの旅客機のエンジンが火を噴いた。同機は福岡空港に引き返し、乗員乗客229人は無事だったが、部品の金属片が空から地上へと降った。520人の命が失われた日航ジャンボ機の墜落からちょうど20年。安全への不安がさらに募る。

落下金属片200個以上 JAL系機トラブルで実況見分

 福岡空港発ホノルル行きJALウェイズ58便(乗員乗客計229人)がエンジンから炎を噴き、落下した金属部品に当たるなどして2人が軽いけがをした事故で、落ちた金属片は200個以上であることが13日、福岡県警の調べでわかった。捜査1課はエンジンの整備・点検状況に過失があったかどうか調べ、業務上過失致傷容疑での捜査も検討する方針。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年8月11日 (木)

国土交通省が日航と全日空に緊急点検を指示

 11日朝、成田空港に着陸した日本航空機(ボーイング777―300型)の胴体パネルが脱落したトラブルで、国土交通省は同日、日航と全日空に対し、保有する同型機すべての緊急点検を指示した。
http://www.asahi.com/national/update/0811/TKY200508110304.html

事の発端はこのニュース。

日航機のパネル脱落、後続の着陸機がパンク 成田空港

 11日午前6時6分ごろ、シンガポールから成田空港のA滑走路に着陸した日本航空710便(ボーイング777―300型、乗客・乗員114人)の機体からファイバーグラス製のパネルが落下した。約3分後にロサンゼルスから到着した大韓航空の貨物機(ボーイング747―400F型、乗員3人)の主タイヤ1本がパンクし、成田国際空港会社(NAA)は、同滑走路を24分間閉鎖した。

忍者の“撒きびし”よろしく、滑走路に部品を落としながら走行する日航機。知らずにそれを踏んづけた後続機がパンクしてしまった。その影響で滑走路は一時閉鎖。

問題児の日航機の度重なるアクシデントに国土交通省はおかんむり(--〆)
巻き添え(?)を喰って全日空も同型機の点検を命じられてしまった。

「いや~ん。〇航の馬鹿!」と全日空は思っているかどうかは定かではない。
どっちもどっちですし・・・・。

*茶化した書き方をしているが、最近の整備・点検の見落としを起因とするアクシデントが多すぎる様に思うので「またか・・」という気持ちで少々皮肉を込めて書いています。
多発するトラブルは合理化や経費削減の影響で、整備が手抜きになっているのでは?と危惧しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月旅行が1億ドル。安いのか?高いのか?

先日、「宇宙旅行が2200万円」のニュースが出たと思ったら、今度は月旅行が1億ドル(日本円で1110億ドル)で出来るそうです。

月に所持している自分の土地を踏みしめるという夢が少しずつ現実味を帯びてきたが、今回のツアー(?)では着陸はしないとの事なので月面を踏む事は出来ないみたい。

でも行きたい。
しかし金が無い・・・残念!!

110億円で月旅行、米企業が2人募集…数年で実現へ

米スペース・アドベンチャーズ社は10日、月への観光旅行の計画を発表した。

 募集するのは2人で、費用は1人当たり1億ドル(約110億円)。民間企業が月への飛行を目指すのは初めてで、2008~2010年には実現させるとしている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月 2日 (火)

羽田空港管制システムダウン 【08/03追記あり】

昼前に羽田空港で電源が落ちてレーダーシステムと無線交信が使えなくなりました。

現在は予備バッテリーで稼動させている状態です。
滑走路端に離陸クリアランス待ちの航空機(JAL)が止まった状態がTVで流れていました。完全復旧には時間が掛かるのかな?

羽田空港管制システムがダウン 航空機発着見合わせ

 2日午前11時半ごろ、羽田空港の管制塔が入ったビルの電源が落ち、管制用のレーダーと航空機との無線が使えない状態になった。正午過ぎに予備のバッテリーを使い、無線で周辺の航空機に指示を出しているが、航空機の発着を見合わせており、午後にかけて一部の便の発着に遅れが生じている。

続きを読む "羽田空港管制システムダウン 【08/03追記あり】"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年7月18日 (月)

旅客機墜落(ギニア)

定員オーバーだったそうです →定員48名に対し60名搭乗
「定員以上乗ったから落ちた!!」 って事ですか?

確かに、25%も定員を超えていれば離陸が難しいでしょう。
離陸直後にパワー不足で機体が上昇せずドカン・・・阿保(ーー;)

定員オーバーなんて日本では考えられない(とも言えんなあ最近は)事故です。

旅客機墜落、60人死亡 定員オーバーか 赤道ギニア

 アフリカ西部の赤道ギニアのヌゲマ大統領は17日、首都マラボ付近で旅客機が墜落し、乗員と乗客計60人が死亡したと発表した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月16日 (土)

全日空DHC8のエンジントラブル続報

6月17日に全日空DHC8-400型機で操縦室内に煙が充満したトラブルの続報です。

元のニュースはこれ ↓
全日空機、操縦室に煙充満 大阪空港に緊急着陸

今日の続報ニュースは

全日空、JACで計14便欠航 プロペラ機に不具合

 大阪(伊丹)空港を離陸直後の全日空機内に煙が充満したトラブル(6月)を受け、国土交通省の指導で同型機のエンジンを検査していた全日空と日本航空系の日本エアコミューター(JAC)は16日、計5機に不具合が見つかったと明らかにした。

 原因は今回のエンジン部品に加え、油圧システム、気圧調整弁、自動操縦装置と様々で、全日空は「一つずつ原因を究明し、改善していきたい」としている。

なんかアチコチ不具合が在るような・・・
お互いに関連しあって壊れたんでしょうか?(@_@;)

ANAとJACだけのトラブルに限らず、各国に売られた同型機が同じ問題を抱えていたとしたら怖いですね。
手抜き修理で墜落した(という事になっている)JAL123便追悼の日も近い事ですし、最悪の事態にならないうちにちゃんと対策して欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月10日 (日)

ルーフ上の飛行機野郎、どこ見てんのよ

走行中の自動車の屋根に着陸したとは珍しいハプニングです。
ヘリコプターじゃあるまいし、どうすれば車に着陸出来るんだい?

降りる前に周りを良く見なさいよ。
そもそも、緊急とはいえ連絡も無しに着陸しようとする事が間違っていると思うのだが。

小型機、レース中のポルシェに「緊急着陸」、けがなし

ベルリン(ロイター) ドイツ西部の都市ビットブルクにある元米軍基地の飛行場で、緊急着陸を試みたパイロットが、カーレース中のポルシェ車の屋根に「着陸」するハプニングがあった。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年7月 7日 (木)

ど派手なデモフライト

ロシアでの航空ショーの1コマですが、派手にフレアを飛ばし撒くってますね。
普段はいくらなんでもこんなに放出しないはず(笑)

糸を引く火炎弾(AFP=時事)

写真の機体ですが、エンジンの位置がMIG戦闘機とはちょっと違いますね。
エンジンや主翼前縁の形から『スホーイのフランカー(Su-27かも)』だと思うのですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月 2日 (土)

エアロックが帰ってくる~!!

暫らく振りに「但馬空港」でニュース検索をしたら嬉しいニュースがありました。

但馬空港フェスティバル:墜落死の岩崎さん率いた曲技飛行チームが出演へ

「ロック岩崎」の愛称で親しまれ、豊岡市の但馬空港で4月に墜落死したパイロット、岩崎貴弘(いわさきたかひろ)さん(当時53歳)が率いた曲技飛行チーム「エアロック・エアロバティックチーム」(本部・茨城県小川町)がファンの声援に応え、活動を再開する。

(10日以上もこのニュースに気付かなかったなんて、なにやってんだ俺・・orz)

AIROCK AEROBATIC TEAMの公式サイトでも参加が本決まりになっていました。
スケジュールによれば、活動は7月17日の「防府北航空祭」から始めるそうですがブース出展のみでフライトは行わず、7月23・24日の「スカイレジャー・ジャパン'05イン関宿」からフライト展示を行う予定です。

当分は曲技無しの飛行になると思いますが、ロック岩崎さんの相棒だったサニーさん(横山真隆氏)を軸にした『エアロック・エアロバティックチーム』の今後の活動に期待したいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年6月20日 (月)

航空関連を二つ

またも事故のニュースです(--;)

軽飛行機が電話線に宙づり、操縦者は無事 秋田・大仙

19日午後5時25分ごろ、秋田県大仙市協和の稲沢場外マイクロライト離着陸場付近で、軽飛行機が電話線に引っかかっていると110番通報があった。

私も実際に軽飛行機の操縦をした事がありますので分かりますが、送電線や電話線って周りの風景に融けこんだりして確かに見難くなりますね。夕方から朝方は特に・・。
緊急事態のときはパニックで周りを見る余裕が特になくて、張ってある線に気がつかなかったりして危険です。
どんな乗り物でも安全確認はしっかりやらないと駄目ですね。

サウジ初の女性パイロット 車はダメ、飛行機OK

【リヤド16日共同】厳格なイスラム教宗派の影響から、女性の車の運転を禁じているサウジアラビアで、初の女性パイロットが誕生する見通しとなった。同国女性ハナディ・ヒンディさんが15日、ヨルダンの航空学校で操縦免許を取得し卒業した。

車が駄目で飛行機はOKってのも面白いですが、理由は「飛行機は男性との出逢いが少ない」からだそうです。アラブの国らしい理由ですね。
でも、一旦男性を乗せてしまえば誰にも邪魔されずにデートが出来ちゃいますね。

サウジアラビアの航空機操縦技能証明書のレベル(費用や時間)はどうなんでしょうね?
日本は「練習時間が取りにくい」「費用が高い」などの理由で中々資格が取れないのでアメリカで取得するケースが多いですが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月18日 (土)

日航も全日空もトラブル続きです

日本航空のみならず全日空もなにかと騒がしてくれますね。

全日空機、操縦室に煙充満 大阪空港に緊急着陸

17日午前10時50分ごろ、大阪空港から高知空港に向け飛行中の双発のプロペラ機、全日空1609便ボンバルディア(乗客60人、乗員4人)の操縦室に煙が充満。同機は大阪空港に引き返し、午前11時9分、緊急着陸した。

原因は
全日空機の緊急着陸、原因はエンジンからのオイル漏れ

離陸直後に客室内に煙ようのものが充満し、大阪(伊丹)空港に緊急着陸した高知空港行きの全日空1609便(DHC8―400、乗員4人、乗客60人)について、全日空は17日、右エンジンからオイル漏れが確認されたと発表した。

飛行物体が故障しても。車や船の様に“ちょっと路肩に止めて点検”って訳にはいきませんので念には念を入れて点検・整備をやって下さい。
万が一墜落してから「あーだ、こーだ・・。点検をする予定だった」といった言い訳は聞きたくないですから。

これだけでは話が終わらない全日空。
ネタはさらに続く。

続きを読む "日航も全日空もトラブル続きです"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月15日 (水)

またも日航・・タイヤ吹っ飛ぶ

日航トラブル 着陸中にタイヤ2本外れる 羽田空港

15日午前10時ごろ、羽田空港(東京都大田区)のA滑走路(3000メートル)で、新千歳発羽田行き日本航空1002便のボーイング767-300型機(乗員乗客222人)が着陸後の滑走中、前輪タイヤ(厚み約35.5センチ、直径93センチ)が2本ともパンクして外れた。

着陸時にタイヤがパンクする事は間々あれど、前輪が二本とも外れて飛んでいくというのは前代未聞な出来事です。
たびたび起こるアクシデントに「なんで日本航空ばっかり・・」と思わざるをえません。
全社を挙げて御祓いでもして貰わないと安全運航が出来なくなってるのでしょうか?

TVニュースでは片方が新品でもう片方が再生タイヤと言っていましたが、旅客機の着陸時の速度は140Knot位ですから約250km/hで滑走路に後輪が着地することになります。
その速度で、何度も使用した(新品ほどの耐久性はないと思われる)再生タイヤの安全性がどのくらいあるのかデーターを出して欲しいですね。高速で離・着陸する航空機が何度も使いまわしたタイヤで飛んでいたとは思いませんでした。

2005/06/17 08:20 追記
JALから今回の件についてお詫び文が出ています。

JL1002の運航について

弊社便の運航に関し、以下の事例が発生いたしましたのでご報告いたします。ご搭乗のお客さまにご心配とご迷惑をお掛けしたことを、心より深くお詫び申し上げます。


| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年6月14日 (火)

今年の但馬空港フェスティバル

4月に但馬空港で起きたロック岩崎さんの墜落死亡事故で懸念されていた今年の『但馬空港フェスティバル』ですが、予定通り開催される見通しです。

但馬空港フェスティバル:小型機墜落事故を乗り越え開催へ

豊岡市のコウノトリ但馬空港一帯で毎年開かれる「但馬空港フェスティバル」について、主催者代表の中貝宗治(なかがい・むねはる)市長は6日、今年も8月下旬の開催に向けて調整中であることを明らかにした。同空港では4月、同フェスを支えてきたショーパイロットのロック岩崎(いわさき)さん(当時53歳)が曲技飛行訓練中に墜落死する事故が起き、対応が注目されていた。

事故の影響でファンが楽しみにしているイベントが中止になるのは、亡くなった岩崎貴弘氏にとっても不本意な事だと思いますので今回の市長の対応にファンの一人として感謝致します。ロック岩崎さんを偲びながらみんなで祭りを盛り上げましょう。

ただ、今回の事故の調査報告書がまだ発表されていない段階ですので“曲技飛行”はやらない方針の様です。

【参考資料】
国土交通省の事故調査報告書は下記のリンクで見る事が出来ます。
航空機だけでなく鉄道事故も検索可能です。

航空事故調査インフォメーション

未完成ですがロック岩崎さんの事故報告書も載っています。
JR西日本福知山線の脱線転覆事故報告書はこちら です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年6月 9日 (木)

全日空制服持ち去り【続報】

CM撮影に貸し出した制服が持ち去られた事件で、8日と9日に4着が返却され行方不明の制服は6着になりました。
その他に、スカーフだけ持っていったケースも報告されている模様。

8日には 不明のANA制服1着、CM出演女性が「返す」

電通は8日、全日空のテレビコマーシャル(CM)撮影で同社から貸与された女性客室乗務員などの制服計10人分を紛失した問題で、新たに1人分の制服を回収したことを明らかにした。

9日には 新たに制服3着回収=全日空

全日空と電通は9日、テレビコマーシャル撮影で紛失した客室乗務員らの制服について、新たに3着分を回収したと発表した。

持ち去った者に告ぐ。
“今なら間に合う。警察が介入しないうちに返却した方が身の為ですよ。”

今回の事件についての各社のコメント
全日空 CM撮影の際に制服が未回収となった件
電通テック ウェブサイトこの件についてのコメントは無し

電通からなんのコメントも出てこないというのは紛失に係わった当事者の態度としてどんなもんですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年6月 8日 (水)

全日空の制服が持ち去られる

CM撮影のためエキストラに貸し出した制服が撮影後に持ち去られたとの事。

ANAの制服10人分なくなる 羽田でCM撮影後

全日空が電通に制作を依頼したテレビコマーシャル(CM)の撮影後、エキストラに貸与した客室乗務員ら10人分の制服が回収できなくなっていたことが7日、分かった。

今の航空会社の制服管理がどうなのかは分かりませんが、私が以前関連会社に勤めていた時は制服の管理についてあまりうるさい事は言われなかったですね。
退職時は返納することになってはいましたが「記念に貰いたい」と言ったらアッサリ貰う事が出来ましたし(今後空港内で着て歩かないようにと釘は刺されました)
まあ制服と言っても私のは航空会社のロゴが入った“ツナギ”ですが。
胸に付けるネームプレート兼IDカードだけはさすがに頂けませんでした。

大空港はともかく、地方の空港なら関連会社の社員は顔見知りなので見知らぬ人間が入り込んだらすぐにばれちゃいますね。
詳しくは言えませんが、顔が分からなくても関係者かどうか見分ける方法が有りましたので、今も実践しているのであれば部外者が入り込む事は難しいように思います。

今回の事件も「記念に」程度の軽い気持ちで持って帰ったのではないかな。
マニアなら欲しがるだろうし、実際ANAの新制服は私も欲しいです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年5月18日 (水)

浜の真砂は尽きるとも、航空トラブルは尽きませぬ

今日のニュースは、性懲りもなくボロが次々と露見した航空業界だった。
航空会社の安全管理者は何やってんでしょうね。(ーー;)

"日航が無認可整備、旅客機など23機 経産省が調査"

日本航空が航空機製造事業法に基づく経済産業省の認可を受けずに、グループ会社などの旅客機の整備をしていたことが18日、分かった。

"日航、また規定違反で飛行 配膳カート収納せず着陸"

成田空港に15日朝に到着したインドネシア・ジャカルタ発の日本航空726便(ボーイング777型、乗客乗員計300人)で、機内食の片づけが終わっていないのに客室乗務員が機長に「終わった」と虚偽の報告をし、配膳(はいぜん)用の金属製カートなどを規定の場所に収納しないまま着陸していたことが分かった。

"脱出スライド、機内で膨らむ誤作動? ANA乗務員けが"

成田空港から出発予定だったバンコク行きの全日空(ANA)915便(ボーイング767型機、乗客乗員215人)の機内で、非常脱出スライドが突然膨らみ、女性客室乗務員(43)が転倒して右足に軽いけがをしていたことが18日、分かった。

"管制指示違反の機長ら2人を出勤停止 エアーニッポン"

石川県の小松空港で4月22日、エアーニッポン(ANK)が運航するANA便(乗客・乗員計113人)が、管制官の離陸許可を受けずに離陸滑走した問題で、ANKは18日、原因を「機長(43)と副操縦士(27)の基本的な確認ミス」として機長らを出勤停止1週間などの懲戒処分にするとともに、運航規定を改めるなどの再発防止策を国土交通省に提出した。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年5月15日 (日)

ロック岩崎さんの動画&DVDビデオ

ファンには既に周知の事かもしれませんが、下のサイトでロック岩崎さんのRealplayer形式動画を見る事が出来ます。
彼が亡くなって3週間余り・・岩崎氏の生演技が永遠に見られなくなったとはいまだに信じられません。

ブルーインパルス

ロック岩崎さんのDVDとしては『バンダイビジュアル』から次の作品がリリースされています。国内販売ではこの作品が唯一のものです。

ROCK’N’ROLL in the sky ロック岩崎スカイアクロバットの世界-SPECIAL DVD-
バンダイビジュアル (2002/09/25)
売り上げランキング: 6,029


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 5日 (木)

靜岡でヘリコプター事故続発

交通機関の事故・トラブルが相次ぐ中、5月3日にまたも悲惨な事故が起きてしまいました。

屋根壊し墜落炎上、機体グチャグチャ 静岡県警ヘリ事故

墜落現場近くの住人が撮影した映像を見ると、墜落と同時に原形を留めないほど激しく壊れて炎上し逃げ出す間もなく命を落とした模様。

墜落事故が起きると、原因も分からないうちから「パイロットミスか!」と鬼の首でも獲った様に非難されるパイロットですが、被害を出来るだけ少なくするために川まで機体を持って行こうとしたが力尽きて手前に墜落した様に見えるのは私のひいき目でしょうか?

「たまたまそう見えるだけ。」という意見は否定しませんが、事故が起きる度に「ボケ・マヌケ」論調でパイロット批判に終始する方が居るのを見ると航空ファンとして心が痛みます。(この文面はTB先の記事批判ではありません。一般論ですので誤解しないで下さいね。)

結果としてアパートの軒を壊し同乗者を死なせてしまったのはパイロットにとって痛恨の極みだったはず。
今回の事故で亡くなったヘリパイ&同乗者、被害に遭われた付近住民の方にお見舞い申し上げます。

静岡県警ヘリ、尾部回転翼が機能失う? 専門家指摘

今回の事故原因ではないかと指摘されたのが上のニュースです。
結論は航空事故調査委員会の調査を待たないとコメント出来ませんが、低空でのテールロータートラブルはヘリコプターにとって致命的なのは確かです。
軍隊でも「ヘリコプターを撃墜する時は弱点のテールローターを破壊するのが効果的」と教えられますし、今のメイン+テールローターシステムが続く限り事故の再発は完全には防ぎ切れない気がします。

続いて起きた同じ靜岡県内のヘリコプター絡みの事故

送電線にヘリ接触し切断、東海道新幹線が一時停電 静岡

こちらは弁解の余地は無いですね。
誰が見てもパイロットの操縦ミスです。

それにしても、この頃交通機関に事故やトラブルが続発するのは何故?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年5月 1日 (日)

しっかりして下さい航空管制官

下のリンク先(当時の交信和訳が載っています)を読めば分かるように、進入機パイロットと羽田空港アプローチ担当管制官の交信、言葉は悪いですが「漫才やってる場合か!」と言いたくなります。

産経新聞 - 羽田の誤着陸 管制全員「閉鎖を失念」 後続機への指示、二転三転

ラッシュ時の羽田空港に行った事のある方はご存知と思いますが、着陸順番待ちの航空機が木更津方面まで列を作って東京湾上空を周回しています。
これをスムーズに着陸させる苦労が並大抵でない事は理解できます。

私は「ぼくは航空管制官」というPCゲームをやった事がありますが、着陸してくる航空機の存在を忘れて他の航空機を滑走路に進入させ着陸機をゴーアラウンドさせる羽目になったり結構ミスをしています。
ゲームなら「あらら・・・(^^;)」で済むかもしれませんが、実際の管制現場では事故に繋がりかねません。

管制官各位にお願いします。
私もミスを犯しますので人の事は言えませんが・・・

パニックにならずに冷静にコントロールして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年4月30日 (土)

航空業界、いい加減にしろ!

最近のニュースはこんなのばっかり。

航空機側でも羽田のA滑走路が時限つきで閉鎖されている事はノータム等で承知しているはずなのだが・・・「閉鎖中では?」と管制官に確認しようとは思わなかったのでしょうか?

今回の誤指示が事故にならなかったのはただの偶然。
鉄道業界も航空業界も、くだらないポカミスで悲しみに暮れる人がこれ以上増えるような事態にならないように心して欲しい。

読売新聞 - 閉鎖中の羽田滑走路に日航機着陸、管制官が誤指示か

29日午後9時39分ごろ、東京・羽田空港で、帯広発の日本航空1158便(エアバスA300―600型機、乗員・乗客50人)が、補修工事で閉鎖中の滑走路に誤って着陸していたことがわかった。

国土交通省では、管制官が滑走路閉鎖に気づかず、誤って着陸を指示していたとみて調べている。

続報】
羽田で管制ミス、閉鎖滑走路着陸 担当者全員が「失念」
羽田空港全景写真

夕方のニュースでは、「閉鎖中では?」と操縦士が管制官に確認したがそのまま着陸させられたと言っていました。
指摘されても再確認せずに着陸させる管制官。
“ずぼら”としか言いようがないです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年4月24日 (日)

ロック岩崎さん逝く その2

pitt岩崎氏の告別式日取りが決まりました。
下のリンクを参照して下さい。

私は残念ながら葬儀参列は出来ませんので、この場を借りて合掌させていただきます。

AIROCK AEROBATIC TEAM.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月22日 (金)

ロック岩崎さん逝く

毎日新聞 - 小型機墜落 曲芸用1人乗り、操縦の男性死亡 兵庫.

AIROCK

大空を華麗に舞い、いつもの様に軽やかに舞い降りるはずだった。
しかし、あなたは二度と空中の舞を演じる事は叶わなくなってしまった。
但馬の空の下で愛機と共に地上に叩きつけられこの世を去ってしまった。
こんなファイナルダンス見たくねえよ。思いっきり格好悪いじゃねえかよ。

演技の疲れも見せず、にこやかに握手に応じてくれた手の温もり。
あの手にもう触れる事が出来ないなんて・・・
もう一度あの演技、あの笑顔を目の前で見たかった。

さらば&ありがとう  “ロック岩崎” こと 岩崎貴弘(元)二等空佐

私はあなたを忘れない。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005年4月20日 (水)

行ってみたいなあ~航空科学館

リンク: 青空を翔るサムライ: 三沢航空科学館.

三沢市にある航空科学館にはあの国産旅客機YS-11も展示されているんですね。
私が小さい頃は普通に頭上を飛んでいたのですが、今では滅多に見られない航空機になっってしまい、もう一度間近で見たいと思っていました。

シミュレーターも面白そうだし、機会があればぜひ行ってみたい場所です(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (1)